アンコールワット第三回廊

アンコールワット第三回廊は去年、上れなくなっていた。
北東塔の東面に木製の階段が2列出来上がっていた。
近日中に通行可能になるだろう。多分。
(2008年2月19日現在)
[PR]
# by angkor_k | 2008-02-25 22:20 | アンコール遺跡

某月某日(意味深な書き方を陳謝

かなり遅い目の昼食。
ばくばく食べる。
お行儀が悪いのですが、書き物をしながら、バニラ。
このまえ露天風呂はだめだった。
「今日はOK?」と聞くと大丈夫のようだ。
そのあと「!」
カウンターになんだか見たことのある後姿。(と、書くのも変か)
違うだろう?面識ないし人違いなら失礼だし、
でも、そうかもしれないので後姿にそっと「ありがとう!」
わんわんZさん、ブログ再開してください。
サイトもリンクどうにか繋げて欲しいです。
トップ・ページの写真は変わっているけど・・・。

一番風呂は気持ちいいいいい!

歩くと自分の元気さがわかる。
モロからプサチャ、スターマートまでも全然楽!
しんどいときは、50mも歩きたくなかった。
あぁ、白粥おいしい!少し前に、昼ごはんを食べたばかりというのに
2杯食べて、1つは持ち帰り!

碑文を撮っていない。

Phnom Bokはかなり倒壊していた。
Bachumも北側の塔は木枠やワイヤーでぐるぐる巻き。
西側は掘り起こして調査中。

危機遺産を脱出したアンコール遺跡と言われているがそれは、
表向きの事である。
SPKは5-10年が限界かもしれないし、一般観光客の行かない遺跡は、
依然として危機遺産なのだ。
Pre Rupの東南隅のレンガ塔の傾斜は、ひどい。
あと1年ももたないと思う。
多くの遺跡が、今ぎりぎり原型を留めている。
[PR]
# by angkor_k | 2008-02-25 20:43 |

ちょっと

どうかしている。

後日、アップ。
[PR]
# by angkor_k | 2008-02-24 18:32 | ひとりごと

タイのクメール遺跡

タイのクメール遺跡って、気がすすまない。
が、行くべきだ!
で、行った。多分普通の観光客と同じ。
まぁ、デヴァタの影を探し求めて(笑
PrasatからPrakon Chaiへ。Phnom Run周辺、
国境近辺とPhi Mai。
Phi MaiのMuseでなんてことでしょう!
館外に地置きしている彫刻の中にBanteay Srey様式のデヴァタが!
えぇ、なんで!?驚くやら嬉しいやら。
コレクション思わぬところで増えました(感激
[PR]
# by angkor_k | 2008-02-24 01:33

Banteay Chmar と  Banteay Toap

Banteay Chmar
相当以前に行ったのだが、カメラ不調で2-3枚しか写真は無かった。
前回はチケット代として1ドル払ったが、今回は誰もおらず、ただ。
外国の調査が入っているようで測量していた。
乾期のせいか見通しはいい。前回映っていなかったものを撮りまくる。

Banteay Toap
気持ち良かった!
高い!
オリジナルの木片もなかなかいい!

Samrongで一泊。
この町広すぎ。

国境Osmachからタイへ。

そうだ!
KulenのMaharsei?
十字の砂岩の遺跡は、調査が入っていて、中央塔の下は5m程掘りこんでいた。
[PR]
# by angkor_k | 2008-02-24 01:11 | アンコール遺跡

Phnom DaiとAngkor ChumのKoul村の遺跡

前回行けなかったPhnom Dai(1)へ行った。
Googleで周辺をチェックしてあったので、あっさり到達(嘘
少し探したけれど、泣くほどではない。
遺跡の東にでかい石が転がっていた。彫ってあるようだが何かは不明。

Phnom Dai(2)は今の私には無理(涙
(旅の最初なら行けたかも)

Angkor ChumのKoul村の遺跡
道端に2つともあり、楽勝!!

上記の遺跡情報、シェムリアップ在住(?)の「A」さんありがとうございました。

*****************************
EFEOの図書館は是非、行くべし!
奥のマップケースを順に開けていくと、欲しい地図がごろごろでてくる。
州別の他にもカンボジア全土の遺跡地図があり、No.もついている。
JICAの5000分の一の地図もあるのでシェムリ周辺の遺跡を探すにはいいかも!

また、ネットできません。

みなみなさま
書き込み本当にありがとうございました。
[PR]
# by angkor_k | 2008-02-19 19:05 | アンコール遺跡

カウントダウン

クバルスピアンのあと1500mというのから始まる。
行くとき大丈夫かと思ったが、7年も間があいているので
豹変していた。
藪道を歩いて行くいう感じで、寂しい道だったが、今回は違っていた。
途中でシェムリの高校生たちと一緒になり、なんだか楽しかった。
盗掘された「横たわるヴィシュヌ」はコンクリートできれいに修復されていた。
乾期でないと見られないとは思うが、水量のあるクバルスピアンがいいようにおもう。
バンテアイスレイの手前の橋は修復中。
ほとんど毎日、赤土の道を走っているので、喉が痛い。
ほとんど毎日、朝も昼も食べていない。水1Lのみで遺跡を周っている。
途中でふらふらになるけど。
エネルギー枯渇状態で、あと少し。
高い山はもう上れないと思う。
[PR]
# by angkor_k | 2008-02-17 21:44 |