ハンドメイドのミニチュア

十数年前から気になっていたものがある。
あ、遺跡ではなくハンドメイドのミニチュア。
サムロンのホテルに飾ってあったミニチュアの黒い自転車。
やん、可愛い!!
しかし、旅には邪魔なのだ。
こころの隅っこで、くすぶっていた。

その後何回か旅の途中や空港で見かけたが、ずぅっと買わなかった。
ラッキーモールで自転車6ドル、シクロ7ドルで、プサチャではもうちょっとした。
空港では13ドル前後。

PPのセントラルマーケットをぶらぶらしていると、売っていた。
「いくら?」「15ドル」
「えぇ〜、シェムリアップでは7ドルだったよ」と言うと、
「6ドル」って下げて来た。これは大きい方。
その横に、少し小さいシクロがあった。
「これいくら?」
「5ドル」
ひぇ〜、下げて来たわ・・・。
これは、「礼儀」として買わねばなるまい。(笑
店のもう一人の女子が「いいの?」みたいなこと言ってる風だが、
「いいの!」って感じ。
支払っているときに、フランスのご夫人一行が、足を止め
ミニチュアを見て「いくら?」
店の女子「10ドル」(爆

あたしは、まけてくれた店の女子に感謝の意を表して、
黙って、見てました。
f0157870_07343570.jpg
ちなみに、ちょっと流行りのようです。
車輪、チェーンも稼働します。

_________________________________

[PR]
# by Angkor_K | 2018-05-11 07:38 | | Comments(0)

CISARKさん・・・

CISARKさん、ゴールデンウィークに
合わせてたの?

んな馬鹿な・・・。

と思っていたら

5月7日復活
_______

[PR]
# by Angkor_K | 2018-05-07 12:48 | ひとりごと | Comments(0)

インド人の彫った、彫像

彫像は、まさしくインド人が彫刻した物だった。
しかし、現代の・・・。

あぁ、信じられへん、信じたくない〜〜〜〜!
もう、馬鹿たれ〜〜〜(誰が?

ponさん、時間を無駄にさせてしまって、ごめんなさい。
そして、ざわつかせてしまった、
「アンコール遺跡マニア」の皆様、お騒がせしました(汗

_________________________
日本に帰って来て、クラチェ博物館に手紙を書こう、
と思い、英語と日本語で用意をしかけていたが、
放置してしまった事が後悔される。
ちゃっちゃと手紙を書いていれば・・・(涙

などと書きつつ、・・・。


[PR]
# by Angkor_K | 2018-05-03 16:36 | レリーフ・紋様・彫像 | Comments(2)

レプリカ、ライ王

2月18日
以前あった、14世紀?の像はなく、昔からあったレプリカのライ王の彫像に。
でも、ものすごく劣化が進んで、のっぺらぼうみたいになってました。
まぁ、レプリカなのでいいんですが。
f0157870_06372552.png
本物は館内にあります。

[PR]
# by Angkor_K | 2018-04-30 06:39 | レリーフ・紋様・彫像 | Comments(1)

「シュリーヴィジャヤの謎」著者:「鈴木峻」氏

ponさんとKIさんのやり取り読んで、
買っちゃいました(笑

それと、「扶南・真臘・チャンパの歴史」著者:「鈴木峻」氏
も。
Amazonで買っても良かったんだけど、
今日読みたかったので、梅田の紀伊国屋とジュンク堂で買った。

わぁ、地名・人名、読まれへん(笑
なんとなく、取りあえず想像して読んでいる。
再読の時、きっちり読み込もう。
そうしないと、進まない・・・。
著者の方に失礼かもしれないけれど、
読み進みたい!!

あ、鈴木峻氏のHP、ありました(汗
出版前の内容のようですが、いっぱい載ってます。
皆さんは、ご存知だったんですねぇ・・・。
_____________________________________

[PR]
# by Angkor_K | 2018-04-29 16:14 | アンコール書籍・地図 | Comments(2)

CISARK 復活

CISARK 復活!!

やれやれ・・・。
ponさん、間に合ったかなぁ(笑
行けないあたしは、笑っていられるけど、
行く方々にはストレス溜まりそうだ。

調べ物や確認事項などには、欠かせない。
日本の連休に合わせたって事、ないよねぇ。



___________________________


[PR]
# by Angkor_K | 2018-04-27 13:48 | Comments(0)

256 . Prasat Trapeang Khnar Sen Keo=珍しくもないが。

2月、行く予定ではなかったけど、行ってしまっていた・・・。
変な書き方だけど。

ガーミンのGPSも、スマホも持っていない。
Phnom Penh のみを道しるべにして。
そもそもそれが間違いだった。
西に進んでいると思ったら南で・・・。

Phnom Penhって富士山みたいに
どこから見ても、形がそうかわらない。
太陽を見れば見当はつくってもんだが、その時は思い込んでいたので・・・。
誰かに訊こうと思っても、本当に誰もいない・・・。
諦めかけた時、簡素な小屋に人影がみえた。
Makhopに行きたいと言って、小屋にいた少年に案内をしてもらう。
Sen Keoの西にある遺跡に716 Pr. Khnar Makhop行ってるとばかり思っていた。

メモには、レリーフなしと書いてあったのに、レリーフがある。
変とは思いつつ、なかなか立派な遺跡だ、Sen Keoに負けてない!!と。
中央辺りにある祠堂にはなんと、パネルのレリーフもあった。
と、見ているうちに「あれ?」なんだかSen Keoにそっくり・・・(爆
早く、気づけよと思ったが、前回の訪問と比べ、雑木雑草が刈られ全体がよく見渡せ、
記憶にあったSen Keoとはずいぶん違っていたのだ。
残っている門衛神の膝下の彫刻を見て、気づいた。

遺跡って、季節や整備されているか否かによっても、
ずいぶん印象が変わるなぁとしみじみ思い、帰路についた。

前回訪問の時、わんわんさんのサイトの写真にあったパネルのレリーフは、
土砂や雑草に埋もれて見つけられなかったけれど、(盗掘にあったと思っていた)
今回、再発見??出来たという事でめでたしめでたし。
というか、わんわんさんちのサイト、
危機遺産になってます(涙
f0157870_21140635.jpg
f0157870_21151340.jpg


f0157870_21152133.jpg
f0157870_21153279.jpg
________________________________________________________




[PR]
# by Angkor_K | 2018-04-26 21:19 | アンコール遺跡 | Comments(0)