人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

東南アジアの言語

東南アジア(カンボジア・ラオス・タイ)の言語って、
視覚的にも似ているのはわかっていたけど、
短期で廻ってみるとすごく実感出来た。
タライ、タォライ、ダォライ・・・
タイとラオスは似ている感があった。(旅する素人の判断です)
「行きたい」というフレーズは主語は違うがよく似ていた。
カンボジアに戻った時、タライ・ポンマーン?がすぐ出ずに焦った。

日本の自宅で目覚めた時、ここは何処だっけと寝ぼける。
暑くって、日本だってアジアだもん。






by Angkor_K | 2019-07-30 07:39 | | Comments(0)

荷物重量制限

1個だの2個だの23kgだの7kg・5kgだの、おかしいだろ??
いっそのこと総重量にすればいいのだ。
搭乗者と荷物を一緒に量って、料金を当日払えばいい。
荷物ばかり量らず搭乗者の体格も考慮すべきだ。
60kg・70kg・・・・100kgとかに区切ればいい。
重量をそんなに気にするならそうしてよ、
ガソリンが値上がりで厳しいというのなら。
その方が不公平感はなくなる。

荷物を全て機内に持ち込もうとするから、7kgとか5kgとか制限がかかるのであって、
預ければ23kgまで大丈夫。でも預けたくない。ロスト・バゲージ怖い。
中国国際航空は手荷物持ち込み5kg。さすがに無理だわさ。
直行便でないのはめちゃ心配。できる限り預けたくない。






_____



by Angkor_K | 2019-07-30 06:27 | | Comments(0)

7月3日: Stung Treng

7月3日: Stung Treng_f0157870_21382548.jpg
Department of Culture に早朝行く。
写真「ダメなのよ」と一度は断られたが、お願いしまくる。
責任者に再度ききにいってくれ、
ドキドキしながら待つ。
許可貰えた!!
僅かだけれどお布施もさせて頂いた。
7月3日: Stung Treng_f0157870_21332099.png
7月3日: Stung Treng_f0157870_21335189.png
7月3日: Stung Treng_f0157870_21364658.png
保管されていて良かったです。






by Angkor_K | 2019-07-29 21:48 | レリーフ・紋様・彫像 | Comments(0)

無題

無題_f0157870_14020017.jpg

by Angkor_K | 2019-07-28 14:04 | ひとりごと | Comments(0)

旅の誘惑:誘惑しないで。

日本も負けずに暑い。
昨日のカンボジア航空のプロペラ機、ちょっと怖くて、密かにお祈りしてました。
60数人乗れるのに7人のみ。乗り込もうとしている客プラス私。

大丈夫かカンボジア航空?別の意味で。
旅の誘惑:誘惑しないで。_f0157870_09570281.jpeg


__________________


by Angkor_K | 2019-07-26 08:47 | | Comments(0)

旅の誘惑:心残りや反省など

砂糖黍ジュースを飲んでいない。
というか、見かけなかった。
アイスコーヒーが昨今の流行りで、
タック・オンパウは時代遅れなのか?

パパイヤサラダも食べていない。

お粥か、豚・鶏の定食か、焼き飯かクイチャウ。ホント炭水化物ばかり。
あ、昨日はカボチャプリンを食べた。
十数年ぶりだ。美味しかったー‼︎!

マンゴスチンは4回、パッションフルーツは1回。満足満足。マンゴスチンは今2ドル/kg。

生もの注意:
午後3時以降の氷の入るドリンク類と午後の食品類。
要冷蔵の商品でも朝から高温にさらされているので雑菌が増えている。
氷も底の方をかき集めたりして入れられるとあぶない。

いつもと違う動きをするとミスをする。
コイルヒーターの空焚き。
辛いものがあったが無くても旅はできる。
寒くなくて良かった。

養生テープ(緑色)
持っていて良かった。
洗面台の栓替わり。
ゆるゆるのコンセントを固定。
旅の誘惑:心残りや反省など_f0157870_10052611.jpg
使わなかったけど万が一用
膝・腰のサポーター。
去年のインドでは辛かった。
しゃがめない、立てないのに、トイレは洋式でない場合が多かった。

博物館は休館日とか開館の時間に注意。
昼休館というのもある。
バンコク国立博物館、行きたいよ〜!!

___________


by Angkor_K | 2019-07-25 16:41 | | Comments(0)

SIM ぐらい買いなさい!!

と、もう一人の自分が叫んでる。
やっぱりその方が便利そうだ。
しかしMapの位置の精度は上がるのか?
辺鄙なところにGPSの電波は届くのか?

オフラインでも位置は表示するなんていうが
ものすごい時間差があるしChoam Ksantから
Preah Viheir City までで4回しか位置表示しなかった。
ポイントが前の表示から移動しないのだ。
不思議なことにバスが停まると表示されたりする。
前日には事細かに表示して池南の遺跡に案内してくれた。
時間帯とか集落の規模とかバス停みたいな所とかで電波の届き具合が変わるのかもしれない。
まぁ、GPSが選り好みをしてるのだろう、という結論に至った。
カンボジアのSIMさしていても電波自体が届いてなければ表示されないわけだ。

それと列車に乗ったベトナムとタイでは。ログが取れていない。
位置は時々表示されたけれど。列車だと電波が届きにくかったのか?
やはりSIM買ったら、解決することなのかもしれない。機内モードというのも関係ありか?
バッテリーの消費が抑えられるらしいけど。

iPhoneがしきりにデータローミングを勧めてきたが無視。
それでも心配になり何度もオフになっているか確認した。
インドへ行く時はちゃんとSIM買ってもっと有効便利に使おうと思っている。

音楽くらい聴いてもいいかなとは思うが耳にイヤホン突っ込むの嫌なので1曲も入れていない。
iPhoneの写真が綺麗なのには感心した。
小さい画面で見ているからかもしれない。


by Angkor_K | 2019-07-23 20:26 | | Comments(0)

Nakhon Si Tammarat国立博物館へ行った理由

kume-ruさんのサイトを見させて頂いて、行かねばと思った。
マレーシア半島のあの辺りは、インドから渡来した人々が居たはず。
海のシルクロードと言うのかなぁ。
カンボジアに来る途中に、寄港してたようだし、一部は定住したかもしれない。
カンボジア側から彼の地に行ったとは考えにくい、否定はできないが。
Nakhon Si Tammarat国立博物館へ行った理由_f0157870_10253484.jpg
仮装した高校生のマーチングバンドが街のメインロードを行進していて凄く良かった。
カメラ持って追っかけ回した(笑
Nakhon Si Tammarat国立博物館へ行った理由_f0157870_10150120.jpeg
Nakhon Si Tammarat国立博物館へ行った理由_f0157870_10153992.jpeg
陸橋の奥(南方向)をずっと行くと左側に博物館。バイクで60B
帰りはこの陸橋を目印にソンテウを停めてもらった。10B

______________





by Angkor_K | 2019-07-22 12:48 | レリーフ・紋様・彫像 | Comments(0)

アンコール国立博物館へ2回行った理由

それは私が初めて見る彫刻があったから。
他の方々はご存知だったかもしれない。

偽扉は縦中央に正方形の蓮のレリーフが3〜5
有りその間の長方形の部分は唐草などの模様が多い。
しかし私が見たのは、なんと
「小さなデヴァター」だったのだ。
ええーっ!!こんなの初めて???!!!
アンコール・ワット様式・出土不明。
不明って、こんなタイプの彫刻のある遺跡って一体どこ?思い当たらない!!
サイズはちょっと小ぶりか。
蓮のある正方形の部分は約20cm、デヴァターのある長方形の部分は高さ24cm。
破片なので全体がどれくらいあるかは分からない。
アンコール国立博物館へ2回行った理由_f0157870_15222798.png



***********




by Angkor_K | 2019-07-22 12:13 | レリーフ・紋様・彫像

旅の誘惑:ボーダー編

マルチプルビザ、大いに利用させてもらった。
カンボジア3回入国(笑
いや、元取るためにフラフラ行ったのではないけれど結果そうなった。

Pon さんが書かれていたように、まんまだった。
タイからカンボジアへは比較的に空いていたと思う。出入国で30分ほどでおわった。
カンボジアからタイへ入国する時は結構かかってトータルで1時間30分強。
タイ入国に140人ほど並んでいてなかなか進まず疲れた。
以前に比べて東南アジアの人々が増えたんですねぇ。
待たされるのは辛いけど近隣の人々がゆとりができて旅出来るというのはいいことだと思う。
ベトナムの女子が世界一周するって言っていた。ちゃんと英語を話して。

追記:こくはく
実は、大爆笑もののドジをやってしまった。
カンボジアを出国する時、前を歩いている白人パッカーの後をついて行って、
途中変だなと思い引き返すも再びタイ方向へ進む。橋を越え左側にタイのイミグレ。
ええーー、いくらなんでも変!!
カンボジアの出国スタンプ押してもらってないというか、
カンボジアのイミグレを素通りしていたのでありました。(大爆
ずぅっと変だと思いつつ進んだ自分が怖い。
最後尾に並んだ時の焦りはMaxだった。
気を失いそうになり荷物の上にしゃがみこむ。
水を一口二口ゆっくり飲み深呼吸をして復活。
あぁ、もしかしたらバスに置いていかれたかもしれない。
それか旅人を長い間待たせてしまったかもしれない。
なんて言ってバスに乗り込もうなどと頭はいっぱい。
そんな心配もしたがさすがアジアの交通事情。
遅くなった私も出発を待った。
さすがにタイからカンボジアに戻る時は、
周囲をちゃんと見てすんなり(大袈裟)戻れた。




by Angkor_K | 2019-07-21 20:50 | | Comments(0)