<   2018年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

旅(インド)アンコール遺跡が、まとまらないので。

f0157870_17184792.jpg
2018.1.某日
Varanasi駅構内。
毛布売場ではない。
地べたにインドの方々が就寝中の図。

これと同じくらいの構内がもう一つ隣に有る。
状況はほぼ同じ。

こんな中に、ジャパニひとり。

列車の遅れ、29時間・・・。
いっぺんに、29時間なら動きやすいが、
4〜6時間、2〜3時間と小刻みに表示される。
IT国のインドなので、スマホが有ればたやすく遅延情報は手に入る。
でも、持っていなかった(爆
それに、情報が正しいかどうかも疑問だった。
しかし「ごめんなさい」噂通りのIT国でした。
ガンガー沿いの宿にも戻りはしたが、きつ〜〜〜!

12月下旬から1月中旬くらいは、インド中北部は夜は冷える。
3等スリーパーは、死ぬ事はないだろうがめちゃ寒い。
窓は、下2cmは閉まらず開いていて、
風はびゅんびゅん吹き込んでくる。

その代わり安い(笑

予定を変更して、座席シートがないときは、乗降ドア前のスペース、
列車の連結辺りに陣取る。(トイレドアから1m以内か?)
うっは〜、楽しすぎる!!
f0157870_17460423.jpg
2017.12.18 深夜1時半位
上の写真はBagalkot(バーダーミへの経由地)のバスターミナル。
中央に有るのが、荷物と寝床用のインナーシーツ。
すぐ左にはどなたかが就寝中。
右奥、ベンチの上に一人。
写っていないがあと2人はいた。

ハイデラバードを夕方に出て、バスに揺られて
深夜1時半位、Bagalkot に到着。
帽子で頭を隠し寝かけたら、声がかかった。
どうも補導されたという感じ(笑
インドのポリスも変なジャパニで驚いたろう。
シンプルな英語で会話してたら電話をし、ほどなく女子のポリスなのか、が現れた。
「ここで寝るのは止めて、列車でバーダーミへ行きなさい。列車は間もなく来るから」(多分)
と、オートリキシャを呼んで、それに乗せられてしまった。

バーダーミの駅からは遺跡の街まで数キロある。
バスだとBagalkot から一本で遺跡の街のど真ん中に着くので、宿も探しやすいし、
出費も抑えられると思っていたのに・・・。
でも、お手数かけてごめんなさい(汗

ま、そんなこんなのドタバタの旅だった。
まだまだあるけれど、あたしの旅だとキリがないのだ。

_________________________________

[PR]
by Angkor_K | 2018-05-31 17:19 | | Comments(0)

眼鏡

旅に不可欠な物の一つに、
眼鏡、それも○○鏡(悲

新聞や、文庫本はOKだけれど、地図のちっこい文字(爆
それは、あたし用だけでなく、モト用でもあります。
年齢の高いモトは、地図の文字が見えていないと思われ、
「ない」「知らない」等と返答する恐れあり。
で、「これで見て」と眼鏡をかけてもらう。
ふむふむといった風に地図を見て、答えてくれる。

というか、地図ちゃんとよんで〜〜〜〜!!
習慣からくるものなんだろうか?


[PR]
by Angkor_K | 2018-05-30 09:56 | | Comments(0)

何処へ?

何処へ?

あぁ、インドだったりしたら・・・。
で、でももう暑い時期だから・・・。

・・・旅したい・・・


_________________

[PR]
by Angkor_K | 2018-05-27 15:21 | ひとりごと | Comments(0)

CISARKさん、復活

CISARKさん、復活しましたねー(笑

ふむふむ、5月の19日に切れてほぼ一週間・・・。
許そう!(上から目線)

さて、次はいつからかな?
10日間は大丈夫?

いつもの事だけど、何を調べるのか分からなくなっちゃうよ。

________________________

[PR]
by Angkor_K | 2018-05-27 00:17 | ひとりごと | Comments(0)

パスポートランキング

某調査機関によると、ビザを取らずに日本を出国して、
渡航出来る国189カ国で1位(アライバルビザを含む)。

カンボジアって、ビザ代で稼いでいるとつくづく思う。
日本人は近年は減少しているようだが、
それでも年間数百億円は日本人の観光客が支払っている・・・。
他の国の観光客も増加してるし、ビザ代は大切な収入源なんでしょうね。
一時、日本はビザ無しで入国出来そうなんて噂もあったけど。

_____________________________


[PR]
by Angkor_K | 2018-05-24 16:05 | | Comments(0)

Sambor Prei Kuk


Prasat Tamon グループ
Prasat Doun Mong グループ
Prasat Robang Romeasグループ(ちょっとだけ砂道を行く)
これらはそれぞれグループ扱いだが、
Tamonは1塔、Doun Mongも1塔、
Robang Romeasグループには、
いくらか彫刻の残った塔がある。

この辺りもすっかり整備され、見易い。
橋の手前のチケット売場・レストラン等の少し西なので、無料(笑
Prasat TamonのレリーフがN・C・Sより綺麗に残っている。

N17の北側にあるいくつかのレンガ塔も、まぁまぁ綺麗で面白い。
17年程前は、モトに「行くな」と止められたよ。

Prasat Sandan(N20)
僧帽かどうかは分からないが、被り物ががちょっと変わっていて、円錐形に近い。
窓辺に佇む女子も円錐形の被り物。※1
顔はのっぺらぼうだけど、とんがり帽子でちょっとメルヘンチック(えぇ??
(この頃のインドのレリーフの被り物は、円錐形に近い)
f0157870_19414547.jpg
マカラ2段構え。
インド色満載!!(笑

この辺鄙なブログの訪問者なら、既知の「空飛ぶ宮殿」は人物が沢山いてる物から、
1人だけ、宮殿のみへと移り変わる。(Kulenが最後か?)
その後、壁龕に門衛神やデヴァタ、って事・・・。

・・・コンポンプリヤ期のデヴァタって、いきなりかよ?(ブツブツ)
ってか、すべてが「いきなり」なんですけどね。

___________________________________
SPKの女子
f0157870_13273755.jpg
※1
(下)神谷氏の著書「インド建築案内」にちょこっとだ載っている女子が気になって、
パッタダカルに行ったのだ。もはや男女の区別はつかない。
f0157870_15175034.jpg

確か、バンテアイ・スレイの破風にもいてたはず・・・。
うぅ〜ん、こじつけっぽいか(爆
f0157870_18510578.jpg
f0157870_18514485.jpg
顔2つ並んでるの分かるかなぁ・・・。

_______________________________________________


[PR]
by Angkor_K | 2018-05-20 20:27 | アンコール遺跡 | Comments(0)

CISARK またまたリンク切れ

CISARK・・・。
いちいち取り上げるのもどうかと思うが、
データとして残す事にする。
傾向が分かってくるかもしれないし、
そうすれば、次訪問する直前に慌てなくてもいい。
って、いつでしょうか?

ドルは111円を目前に・・・。
105円の時(3月)に買っておけば、
安いドミなら1週間は泊まれる。

___________________

[PR]
by Angkor_K | 2018-05-19 17:08 | ひとりごと | Comments(0)

巷のお話

京都某大学の立て看板。
十年程前の写真。
アンコール遺跡の情報探しに行った時撮った。
f0157870_16075860.jpg
f0157870_16402163.jpg
京都のあの辺りの風景の一部。
縁もゆかりもないけれど、
「吉田寮」広い畳の集会室みたいな部屋に、
一泊させていただいた事がある。
安宿のドミ(爆)

これらは、京都のあの辺りの個性と思っている。
歩くと、学生の街という事が実感できる。
____________________________________________________

[PR]
by Angkor_K | 2018-05-18 21:40 | ひとりごと

カンボジアの地図

カンボジアの地図を色々買ったけど、注意事項!!

印刷ではなく、プリンターで出力している地図があるので、
うっかり濡らしちゃうと、とんでもない事になる。

ほんの少し濡れてしまったのだが・・・・。
にじんでました〜(笑
最近(ここ10年くらい?)の地図は注意しましょう。

____________________________
5月16日
110円まで円安。
関係ないけど・・・。

5月18日
111円が目前。



[PR]
by Angkor_K | 2018-05-16 19:20 | アンコール書籍・地図 | Comments(0)

281 Prasat Andet

Prasat Andet が、CISARKさんから、なくなってる!!
あの有名なハリハラ像が発見された Prasat Andet が。
(修復のときの僅かな手違いで、足が長くなってかっこいいハリハラ)
今のところ、行く予定はないけれど。
もう一個のシェムリアップのPrasat Andetは、ある。



______________________________

[PR]
by Angkor_K | 2018-05-12 15:38 | アンコール遺跡 | Comments(0)