<   2018年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ありがとう!!

Phnom Bayangのデヴァタに巡り会えた事が、

今回の旅で、一番嬉しかった。
他にも色々嬉しい事はあったけど。

ありがとう!本当にありがとうと、何度も心の中で叫びながら、
宿に戻った。

番外
エアコンとファン
この部屋の選択は悩ましい。
エアコンの部屋に泊まりたいと思うくらい暑いのならば、
水シャワーで充分だけれど、大概ホットシャワー。
ファンの部屋で十分な場合、水シャワーは少し気合いを入れ、
声を張り上げながら浴びなければならない。
(あぁ、どんな声を出していたのか記憶にない)
それか、夕方早い目に浴びるようにする。

Srayangでは貯めた雨水をモーターで上に上げ、タンクに貯める。
夕方水を浴びる時、
そのタンクに、水が満々と溢れるくらい貯められていた時、
「あぁ〜〜、一番風呂!!」
って思うのは、あたしだけか?

巨大なナメクジや、カエルはどこからやってくるのか?
ドアを開けた瞬間びくっとする。
当然退室していただく。



______________________________________



[PR]
by Angkor_K | 2018-02-28 13:05 | アンコール遺跡 | Comments(0)

2月6日(火)2/Phnom Bayang(651)のデヴァタ

2月6日(火)2/Phnom Bayang(651)のデヴァタ

以前、CISARKさんのサイトを見ていたら、Phnom Bayangにデヴァタがいるのを見つけた。
100年程古い写真、だけではなくカラーの写真でも(多分1998年頃撮影?)存在した。
ということは、今も有るのかと思ってブログに書いたら、
どなたか忘れてしまったけれど、「崩壊して、無かった」と教えてくれた。
あぁ、Ak YomやTrapeng Runと同じような年代のデヴァターが
最近までいたというのに、もう会えない・・・。
その時はとてもショックだった。

今回、のんびりするべくKanpotに行くが、
ちょっと違うと思い切り上げる事にする。
行く予定はなかったが、Takeoへ。
そして、Phnom Bayangのデヴァタの「なきがら」を確かめに行く事にする。
自分の目で確かめ、そして諦めようようと思った。

心臓はどきどきしている。
まてまて、順番に見て行かなくっちゃ!!
そして、ここに・・・
f0157870_23212990.jpg
ここに、いました!!!!!!
会いたかったよ〜〜〜〜〜!!(顔ないけど)
f0157870_23253235.jpg
わ、わかりますか?
こんなん、普通じゃわからないですよね・・・。
探す時は、レンガ塔。ラテライトではない。
左右を残し倒壊して、形状が似ている塔があるので勘違いしやすいかも。
f0157870_23364088.jpg
どう?これならわかるでしょう?
下のイラストの頭部・上半身はちょっと怪しい気がするけど。
腰帯の部分は現在崩落している。探せば良かったかもしれないが、その時は気づかなかった・・・。
誰か探して!!って、だ、誰にだ??!!
f0157870_23371183.jpg
f0157870_00582720.jpg
CISARKのデヴァタのカラー写真は6ページ、651_Bruguier_1998_18にある。
えっ、誰か見る?(笑

2009年11月23日改訂となっている。
あたし、行った時っていつだったっけ・・・っと
ちょうど10年前の2008年2月初旬。
そんなに前?
あたしの方が劣化が進んで、先に倒壊しそうだなぁ。



_____________________________________








__________________________________________________________





[PR]
by Angkor_K | 2018-02-28 00:59 | アンコール遺跡 | Comments(0)

2月6日(火)Phnom Bayang/遺跡へのアプローチ

2月6日(火)Phnom Bayang
Kiri Bong への道は分かりやすい。
Takeoから南下、山の東の麓を西側に右折。
2km弱、道路左、山方向を見ていると、大きな写真看板が有る。
その前を、進んで山道に入る。
f0157870_17203385.jpg
以前はもう少し西で近距離で急坂を登った。
麓で案内人を雇い、30分程トレッキングだった。
今回もそうだろうと思い、両膝・腰にはサポーターを装着。万全だ!
と思っていたら、な、なんと、
遺跡手前のラテライトの階段間際まで、
一歩も歩く事なく到着!!
f0157870_17213826.jpg
狭いながらもバイクで登坂できるよう、
9割コンクリートで舗装されていた。
気が抜けた〜〜〜〜!!
良かったけど。
昔から有った道を舗装してるのかな。
Google Earthで見ると、かなりくねくねしている。
f0157870_17233148.jpg
祠堂迄のこのアプローチが大好き。逆方向も。
f0157870_17251117.jpg
f0157870_17283686.jpg
祠堂内部は手入れが行き届いて信仰の深さがうかがえた。
f0157870_17295772.jpg



[PR]
by Angkor_K | 2018-02-27 17:40 | アンコール遺跡 | Comments(0)

2月1日(木)Srayon村、北上する?東?それとも南?

2月1日(木)
朝、最初はChoam Khsantへ行こうかとも思っていが、
下調べも全然していなかったし、
モトとの巡り合わせが良くないので迷っていた。

宿のマダムに訊くと、
Choam KhsantへはTaxiしか乗り物はない、
Dam Daek方向もないと。
通りすがりのラーン(乗り合いバン)を捕まえるのは可能。
ふぅむ、最初に捕まえたバンに乗ろうと決め、部屋に戻る。
殆どまとめてあった荷物をチェックしていたら、
宿のマダムが慌ててやって来て、バンが来たので停めて待たせてあると、
教えてくれた。

シェムリアップ行きだった。
・・・だろうね・・・。

もう少し後だったら、昼前だったら、旧市名Tbang Mean Chey とかStoung Treng行きが、
来るはずと思いつつ、Kompong Thomへ行くことにする。
今回2度目になるけど。

Phnom Tbangの北の三叉路に行けばもしかしたら、
旧市名Tbang Mean Chey やPhnom Phenhからの
Choam Khsantもしくは、Sra Em行きが拾えるかも、とか思った。
モトでも行きやすい距離だ。道は良いし。
以前、逆方向でモトで7ドルだったが、上がってるよねぇ。
で、気乗りがしないので却下。

Kompong Thomの博物館に行きたい。
昔は街中道路沿いの倉庫みたいな保存事務所に地置き保管してあったけど、
今はきちんと陳列しているようだし。(屋外にも陳列してある)
1.5km位西に移転している。市場辺りから歩くと20〜25分位かかるので、
モトに乗って行った方が疲れなくていいかも。
というか、遺跡見た後にでも寄ればいい。
ただし、開いてる曜日時間帯にはご注意を。

ローカルな博物館だと午前中のみとか、曜日がまちまちだったりする。
だいたい午前は8〜11時、午後は2〜17時位。

***************

ponさんも同時期訪問中だったようで。
Choam Khsantへあたしが行って数日ぼ〜っとしていたら、
どこかでまた、「すれちがって」いたかもしれない・・・。



___________________________________________







[PR]
by Angkor_K | 2018-02-27 02:55 | | Comments(0)

2月5日(月)KampotからTakeoへ

2月5日(月)
バンがあるはずなんだけど、ソリアのP.P.行きのバスで向かう。
Takeoには寄らないと思っていたら、案の定で、Ta Saomで降りてモトで行く。

街のセンターにある宿、6ドル。
当然、Fan、水シャワー。でもTV付。
博物館はきっと11時から昼休憩だろうと思っていたらその通りで、2時から。
昼ご飯食べたり散歩してたらいい具合な時間になる。

以前来た時は1km程南の市場の近くの宿だったが、商売替えしていた。
市場は大好きなんだけど、何分も歩いては、行きたくない。

KampotからKep経由なんだけど、う、海が!!
数十メートルだけど波打ち際のすぐそばに道路があって、「おぉっ!」て感じだった。
カンボジアに幾度か来ているが、海を見たのは初めてで、ちょっと感動!
f0157870_22094085.jpg


[PR]
by Angkor_K | 2018-02-26 22:19 | | Comments(0)

2/10(土)クーレン東の遺跡


2/10(土)
Svay Leuのモトは、あんまりあてにならないし、根性無さげなので、
Sre Noy から南下することにした。
というか、Sre Noyの方が近い。
結果、こちらのモトも根性無しだった。

10:30過ぎ、乗り合いバン乗り場へ。
客集めを終えスタートし、今度はぐるぐる回って客拾いをしつつバンは北上。

Sre Noyはあたしが思っているより大きく屋根付きの市場が有った。
(スラヤン位と思っていた)
ちょっと散策?してから、モトを探す。
Khna krau村の遺跡に行ってもらう。
村から北東10km弱位にPr.Thnal Dach(1181)はあると思われる。
しかし、モトは村の中心部と思われる場所を南に2kmすぎて、
出店の男子に遺跡の事を訊いた。そしてすぐそばにある東方向の道をどんどん進む。
何か違うなぁと思いつつ、まぁいいかとも思う。

数キロ進んで、遺跡の事を村人に訊く。
案内をしてくれるようだが、変!!。
南方向に歩き始めた!!あ、絶対違う!
遺跡名を訊くとTa Puong とかTa Nup。
それは、クーレングループの遺跡で以前行った様な気もするし、
今回行きたい遺跡ではないので、必死で違うと訴える(笑
Pr.Thnal Dachと書いた字を見せると、村人の一人がスマホを出して
調べ始めた。「ミァン(ある)」驚き!!
有るのに驚いたのではなく、スマホで簡単に調べて、
村人も知らなかった遺跡の情報が、あっという間に手に入ったという事に。
モトは、村人に電話番号を教えてもらっていた。
途中で分からなくなったときに、連絡するためのようだった。

2km戻り中心部と思われる三叉路でバイクを停め、
まったりと休憩している村人たちに、遺跡の事を訊く。
皆さんご存知の様で、一人は15kmなんて言う。
Sre Noyのモトは道を知らないので、村人にバイクで案内してもらう。
後で思った事だが、Sre NoyのモトはKhna krau村で待っていてもらった方が良かった。
道がでこぼこ砂道なので、ずぅうっと、ため息ばかり付くし、
バイクの風よけ?が、左右から出っ張っている雑木で傷ついたと、
何十ぺんも愚痴ってうんざり!!

遺跡からKhna krau村まで案内の村人のバイクで戻った。(30分)
ホントにおいといて行けば良かった。
そうすればバイク料金も安く出来た・・・。

帰り際の所持金16$。
Taxiの男性が最初40$って言って来たが断る。
しばらくして20$と値下げして来たが、
2人のモトに沢山払ったのでお金がないと言うと、
しばらくしていなくなった。
日は、もう暮れて5時半をすぎている。

緩いカーブに立ち、通過する車を物色。
大きな車や、人が沢山乗ったトラックを見つけては、
『タゥナ?」(どこ行くの?)
数台撃沈(笑

ま、でも思ったより早く四駆の自動車に乗り込めた。
少し高く10000リエル、2.5$。
シェムリアップには、8時過ぎに戻れた。
やれやれ・・・。

街のレストランは観光客で溢れかえっていた。
ひえぇ〜、こんな時間に外あまり出歩かないので、ビックリ!!

リンテル1本・・・。Pr.Thnal Dach(1181)
f0157870_01134899.jpg
f0157870_01150214.jpg
スマホもGPSも持ってません・・・(今時、おかしいか?
きっと、時間と金を無駄に使っているのかもしれない。
今度行く時はスマホは用意したい。
便利だろうね・・・(爆


________________________________






[PR]
by Angkor_K | 2018-02-25 05:18 | アンコール遺跡 | Comments(0)

Kompong Cham/旧正月

またしても、正月に出くわす。テト(旧正月)。
中国系カンボジア人が多いらしい。
イスラム教の人々。ハラルのレストランも数軒見かけ、
Kompong Chamは他の街とはちょっと違う雰囲気がした。

爆竹音が街に響き渡る。
日本の祭りのように獅子舞がいくつかの店をまわり、舞う。
天神祭を思い出す。
f0157870_01191318.jpg

プノンペンのキャピトルの運賃は、やはり上がっていた。
平日には戻るのだが、去年9月のプッチュバントーイより少し高い。
モトは観光客に対して近場は、去年は1ダラーと言っていたが、
今年は微妙に上げて5000リエルというモトが多い。
シェムリアップでもだ。お試し期間というか移行期間なのか?
3000リエル位でもいいようなんだけど。





[PR]
by Angkor_K | 2018-02-24 10:24 | | Comments(0)

旅人にとっての外貨/円高/両替

1月中旬は110円前後だったのに、
2月中旬には107円前後!!
一ヶ月間に3円は大きいだろう。
銀行で訊くと87ドルだったが、街の両替商だと91〜92ドル。
セントラルマーケット南西方向の通りとモニボン通り交差の南東角の店で92ドル。
レートまんまだと93.8ドルぐらいだったので一番良かった気がする。
手数料1.8ドル。
というか、皆さんきっとカードですよね(笑

どこで、いつ、何どき、お金がいるか分からないのでカードは不安。

日本だと両替手数料3円ぐらいかな。

今回はマレーシア航空を利用。
行きは待ち時間が長かったので空港で食事をするためにリンギットに少し両替。
帰りは、そんな時間はなかったので残ったリンギットを再両替する事にしたが、
円にすると札でしか出来ないと思い(だとすると1000円単位)
リンギットを使う事はないだろうから、ドルの方が少額単位なのでドルで。
って、行けるよね、また・・・。




_____________________________________________

[PR]
by Angkor_K | 2018-02-23 12:32 | | Comments(0)

不思議



今日、あるカンボジアのサイトに行って、
あちこちクリック。
なぜか、Google Earth が立ち上がって、
訳分からないまま、どこかをクリックしたら・・・!!!
Iwaseさんのリンテルが!
えぇ〜〜〜〜っ!!
そして、とても美しい昆虫!!!
こ、こんなところにIwaseさんの画像が!!!
そのあと、あちこちクリック・・・。

そして、固まった・・・。

でも、一安心。
同じ様にすれば、辿り着ける!
ただ、あたしのOSはバージョンを上げてないから、
不都合が生じてまた固まるかもしれないけど。

がさごそと探し物をしていたら、封筒に入ったUS$が出て来た。
1$が70枚入った封筒と、270$と3万円が入った封筒。
う〜〜〜ん、記憶にないなぁ、でもその分得した気分になれて幸せかも(爆

10年前と比べて今、1ドルの値打ちは半分位しかない。
クメールご飯だって1ドルはかかる。
f0157870_01205476.jpg







______________________________


[PR]
by Angkor_K | 2018-02-22 20:26 | ひとりごと | Comments(0)