<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Phnom Sandakの帰り道

SUGIさま
実は、小さいGPSを持参していたのですが、
使いこなせていません(涙
軌跡をとれたらよかったのですが、お手上げ。
で、とりあえず登録ボタンを押しまくっていました。
基準値がずれている可能性大です。
おおまかで、下のMapのかんじです。
S0-1-2-3-4-5-6-Kor Kerと戻りました。
実は、出発前これと同じような経路を考えてました。
5万分の1の地図には、道のようなものが記されていたので。
また、他の地図を見て、Anlong Veaengへ行く道、
Sre Noyの北方を途中東に右折して行く、というプランもありました(笑

禁止ワードかけまくってすみません。
書き込み、ありがとうございます。
とっても嬉しかったです。
辛い思いをしながらも、そこに遺跡があるならば、
行きたいですよね・・・。
f0157870_20154490.jpg

(「2」がPhum Tileのはず(?)この村の民家で1時間ほど休憩、麺を食す。
迷子になった話しで盛り上がった)

しかし、あたしはPhnom Sandakの位置、詳しく知らなかったです。
あの山のどこかにあるだろう、って感じで。
下の地図は、上記のSre Noy方面からのプラン。
簡単そうには見えるけど。
f0157870_1433634.jpg

[PR]
by Angkor_K | 2010-02-16 20:17 | アンコール書籍・地図 | Comments(2)

Phnom Sandak

今までの遺跡の中で、最強3に入るかも。
片道3時間ちょっと。
本当に遠い遺跡・・・。
Kor Kerから北へ20km位みたいな情報だったので、
まぁ、カンボジアの山道を加味しても、
そうかからないと思っていた。

意外と小さい遺跡だった。
Kor Ker遺跡の一部?
f0157870_1262919.jpg
f0157870_126517.jpg
f0157870_1271093.jpg
f0157870_1273583.jpg
f0157870_1275537.jpg
f0157870_1281529.jpg
f0157870_1283660.jpg
f0157870_129787.jpg
f0157870_1293077.jpg
f0157870_1294856.jpg
f0157870_1574842.jpg
f0157870_1301212.jpg
f0157870_1303065.jpg
Choam Sramへ行ったときの案内の男は8時間かかると言っていたけど、
嘘ではなかった・・・。
[PR]
by Angkor_K | 2010-02-15 01:34 | アンコール遺跡 | Comments(8)

大失敗!

Srayangからシェムリアップに行くのだが、
あたしの場合は、バイタクは乗り継ぎが基本。
出来るだけ、一人のバイタクへの支払いが高くならないようにしている。
それと、ピックアップTがあるかもしれないし。
今回の場合はSrayang発が、4時半を過ぎていたので、
無理かなとは思っていたが、その通りだった。
Svay Leuに到着。
Srayangからのバイタクとはバイバイ。
Svay Leuのバイタクに乗り継ぐ。
だんだんと暗くなってくる。
Beng Mealeaを過ぎ、道がカーブしたぐらいで、
バイタクのケータイが鳴る。
カンボジアのバイタクはみんな持ってるナー!
何か話して、バイクは停まった。
男はあたしに話しかけてくるが、さっぱりわからない。
ジェスチャーがはいる。
「ふむふむ・・・」
う、きゃ〜〜〜〜〜!!
なんてことでしょう・・・・。
バッグを、前のバイタクに預けたまんまでした〜(爆
男は、Uターン。
走りながら、北から来るバイクに目をやっている。
あぁ、きっと誰かが持って来てくれている!と確信。
かなり戻ったところで、Srayangからのバイタクと再会。
無事にバッグを受け取る。(笑
ちゃんとお礼はしました。

しかし、便利になったなったよねー。
それより、カンボジアの人の優しさを、改めて実感した出来事だった。

と言うか、しっかりしろよ〜!
[PR]
by Angkor_K | 2010-02-14 13:18 | ひとりごと | Comments(0)

Phnom Sandakの見つけ!もん

こんな「物」ばかりに、目がいく・・・。
この占い石も、進化?している。
SnoulやWat Phu、そしてこれ。
(CISARKさんちにも、いくつかあるけど・・・)
アンコール期のものは、方形の縁に四角の穴が並んでる。
線香をさしてるのを見かけるが、違うだろ?!!って思う。
本来の使い方ってどうなんだろう。気になる。
伝言ゲームみたいに、変化してきたのだろうか?
f0157870_22322531.jpg

Stone for placing votive offerings
f0157870_2224957.jpg
上)プノンペン博物館(Snoul)
f0157870_2365770.jpg
上)ワット・プー

以下は、古い(50年以上前と思う)書籍など。
f0157870_2374284.jpg
f0157870_238563.jpg
下はちょっと違うかも知れないけれど、
Angkor ExplorersさんのサイトKompong Thom/Sandan/Veal Kuk Khlong (Pr.)。
中心から8方向に各10個の穴がある。
f0157870_23105537.jpg

[PR]
by Angkor_K | 2010-02-05 22:33 | レリーフ・紋様・彫像 | Comments(0)

Vat Chey Proek (Pr.)

Tbaeng Mean Cheyの町中にある。
町に、南北の広めの2本の通りがあって、東側の通り(Mlou Prei Street)。おぉ!!
この町のこと、ちっとも知らなかったので、一周して貰った。
バス乗り場や、ピックアップや乗り合いTaxiターミナルは知っていたけど。
位置関係は全くわかってなかったので。
シェムリアップからバイクで着いたときは、とりあえず市場。
市場とGHの位置関係だけはわかっていた。
GHは、オーナーが変わったよう。
英語を話すお姉さんがいた。(高くなっていた・・・。英語、別にいらん!)
f0157870_22233827.jpg
f0157870_22244786.jpg
f0157870_22254335.jpg

[PR]
by Angkor_K | 2010-02-04 22:25 | Comments(0)

Trapeang Kuk

比較する対象物ないので、大きさはわかりにくいが、
高さ140cmくらい。
祠ってかんじ。
CISARKさんちにあった、古い円支柱は見あたらなかった。
f0157870_12595185.jpg
f0157870_1321361.jpg
f0157870_1323018.jpg
f0157870_1325067.jpg
f0157870_133895.jpg
f0157870_133342.jpg
(下)Hanchey・・・。う〜む・・・
f0157870_2132685.jpg

「遠い」と言ってぼったくってきたわりには、
案内のおばぁちゃんは、遺跡に着くなり案内料を請求し、
歩いて帰ってしまった。(多分2kmもないはず)
[PR]
by Angkor_K | 2010-02-03 13:14 | アンコール遺跡 | Comments(0)

Trapeang Kuk

Prei Kukと関わりがあるというか、近接した年代かと思っていた。
先述したように、こちらが古い。
あぁ、しかしちっこい!!
レリーフの紋様はSPK。
Hancheyをチラッと思いだす。
CISARKさんちにあった、円支柱は見あたらなかった。
地元の人でなければ、場所はわからないでしょう。
というか、地元の人も知らないのではと思う。
よくあるアンコール遺跡とは形が異なる遺跡は、気になって・・・。
写真は、こんど・・・。
[PR]
by Angkor_K | 2010-02-01 02:57 | Comments(0)