ここだけ? (その2)

多くの訪問者は知っているでしょう。
アンコール・ワットの連子です。
第一回廊の西塔門あたりにだけ連子に彫刻が施されています。(下)
f0157870_17284861.jpg

Banteay Sreyの破風とリンテルが合体している。
ありそうで、ないと思う。(下)
f0157870_17311626.jpg

ここだけってわけではないが Neak Peanの古い写真。
こういうのを見たかった・・・。(下)
f0157870_17354428.jpg

T.T.Thngai 開口部の砂岩のみ残っている。レンガの建造物。
他のレンガの建造物が倒壊しているのと違う点は、開口部の数が異様に多いこと。
前室があったり、各塔が廊下で繋がっていた気がする。(Thnal Dachみたいに)
だから開口部の砂岩が多いと。高さは高くはないだろう。(下)
f0157870_17503133.jpg

あたしは思う。
せめて半世紀前に、いや20年前にアンコール遺跡をおとずれたかったと。
Bakongの基壇に彫られたデヴァタ。
こんな風に、剥落するのだ。(下)
f0157870_17582338.jpg

[PR]
by Angkor_K | 2007-11-11 17:58 | アンコール遺跡 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 横たわるヴィシュヌ(プノンペン... ここだけ? (その1) >>