Sambor Prei Kuk


Prasat Tamon グループ
Prasat Doun Mong グループ
Prasat Robang Romeasグループ(ちょっとだけ砂道を行く)
これらはそれぞれグループ扱いだが、
Tamonは1塔、Doun Mongも1塔、
Robang Romeasグループには、
いくらか彫刻の残った塔がある。

この辺りもすっかり整備され、見易い。
橋の手前のチケット売場・レストラン等の少し西なので、無料(笑
Prasat TamonのレリーフがN・C・Sより綺麗に残っている。

N17の北側にあるいくつかのレンガ塔も、まぁまぁ綺麗で面白い。
17年程前は、モトに「行くな」と止められたよ。

Prasat Sandan(N20)
僧帽かどうかは分からないが、被り物ががちょっと変わっていて、円錐形に近い。
窓辺に佇む女子も円錐形の被り物。※1
顔はのっぺらぼうだけど、とんがり帽子でちょっとメルヘンチック(えぇ??
(この頃のインドのレリーフの被り物は、円錐形に近い)
f0157870_19414547.jpg
マカラ2段構え。
インド色満載!!(笑

この辺鄙なブログの訪問者なら、既知の「空飛ぶ宮殿」は人物が沢山いてる物から、
1人だけ、宮殿のみへと移り変わる。(Kulenが最後か?)
その後、壁龕に門衛神やデヴァタ、って事・・・。

・・・コンポンプリヤ期のデヴァタって、いきなりかよ?(ブツブツ)
ってか、すべてが「いきなり」なんですけどね。

___________________________________
SPKの女子
f0157870_13273755.jpg
※1
(下)神谷氏の著書「インド建築案内」にちょこっとだ載っている女子が気になって、
パッタダカルに行ったのだ。もはや男女の区別はつかない。
f0157870_15175034.jpg

確か、バンテアイ・スレイの破風にもいてたはず・・・。
うぅ〜ん、こじつけっぽいか(爆
f0157870_18510578.jpg
f0157870_18514485.jpg
顔2つ並んでるの分かるかなぁ・・・。

_______________________________________________


[PR]
by Angkor_K | 2018-05-20 20:27 | アンコール遺跡 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< パスポートランキング CISARK またまたリンク切れ >>