256 . Prasat Trapeang Khnar Sen Keo=珍しくもないが。

2月、行く予定ではなかったけど、行ってしまっていた・・・。
変な書き方だけど。

ガーミンのGPSも、スマホも持っていない。
Phnom Penh のみを道しるべにして。
そもそもそれが間違いだった。
西に進んでいると思ったら南で・・・。

Phnom Penhって富士山みたいに
どこから見ても、形がそうかわらない。
太陽を見れば見当はつくってもんだが、その時は思い込んでいたので・・・。
誰かに訊こうと思っても、本当に誰もいない・・・。
諦めかけた時、簡素な小屋に人影がみえた。
Makhopに行きたいと言って、小屋にいた少年に案内をしてもらう。
Sen Keoの西にある遺跡に716 Pr. Khnar Makhop行ってるとばかり思っていた。

メモには、レリーフなしと書いてあったのに、レリーフがある。
変とは思いつつ、なかなか立派な遺跡だ、Sen Keoに負けてない!!と。
中央辺りにある祠堂にはなんと、パネルのレリーフもあった。
と、見ているうちに「あれ?」なんだかSen Keoにそっくり・・・(爆
早く、気づけよと思ったが、前回の訪問と比べ、雑木雑草が刈られ全体がよく見渡せ、
記憶にあったSen Keoとはずいぶん違っていたのだ。
残っている門衛神の膝下の彫刻を見て、気づいた。

遺跡って、季節や整備されているか否かによっても、
ずいぶん印象が変わるなぁとしみじみ思い、帰路についた。

前回訪問の時、わんわんさんのサイトの写真にあったパネルのレリーフは、
土砂や雑草に埋もれて見つけられなかったけれど、(盗掘にあったと思っていた)
今回、再発見??出来たという事でめでたしめでたし。
というか、わんわんさんちのサイト、
危機遺産になってます(涙
f0157870_21140635.jpg
f0157870_21151340.jpg


f0157870_21152133.jpg
f0157870_21153279.jpg
________________________________________________________




[PR]
by Angkor_K | 2018-04-26 21:19 | アンコール遺跡 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< CISARK 復活 悩ましいドル >>