2/10(土)クーレン東の遺跡


2/10(土)
Svay Leuのモトは、あんまりあてにならないし、根性無さげなので、
Sre Noy から南下することにした。
というか、Sre Noyの方が近い。
結果、こちらのモトも根性無しだった。

10:30過ぎ、乗り合いバン乗り場へ。
客集めを終えスタートし、今度はぐるぐる回って客拾いをしつつバンは北上。

Sre Noyはあたしが思っているより大きく屋根付きの市場が有った。
(スラヤン位と思っていた)
ちょっと散策?してから、モトを探す。
Khna krau村の遺跡に行ってもらう。
村から北東10km弱位にPr.Thnal Dach(1181)はあると思われる。
しかし、モトは村の中心部と思われる場所を南に2kmすぎて、
出店の男子に遺跡の事を訊いた。そしてすぐそばにある東方向の道をどんどん進む。
何か違うなぁと思いつつ、まぁいいかとも思う。

数キロ進んで、遺跡の事を村人に訊く。
案内をしてくれるようだが、変!!。
南方向に歩き始めた!!あ、絶対違う!
遺跡名を訊くとTa Puong とかTa Nup。
それは、クーレングループの遺跡で以前行った様な気もするし、
今回行きたい遺跡ではないので、必死で違うと訴える(笑
Pr.Thnal Dachと書いた字を見せると、村人の一人がスマホを出して
調べ始めた。「ミァン(ある)」驚き!!
有るのに驚いたのではなく、スマホで簡単に調べて、
村人も知らなかった遺跡の情報が、あっという間に手に入ったという事に。
モトは、村人に電話番号を教えてもらっていた。
途中で分からなくなったときに、連絡するためのようだった。

2km戻り中心部と思われる三叉路でバイクを停め、
まったりと休憩している村人たちに、遺跡の事を訊く。
皆さんご存知の様で、一人は15kmなんて言う。
Sre Noyのモトは道を知らないので、村人にバイクで案内してもらう。
後で思った事だが、Sre NoyのモトはKhna krau村で待っていてもらった方が良かった。
道がでこぼこ砂道なので、ずぅうっと、ため息ばかり付くし、
バイクの風よけ?が、左右から出っ張っている雑木で傷ついたと、
何十ぺんも愚痴ってうんざり!!

遺跡からKhna krau村まで案内の村人のバイクで戻った。(30分)
ホントにおいといて行けば良かった。
そうすればバイク料金も安く出来た・・・。

帰り際の所持金16$。
Taxiの男性が最初40$って言って来たが断る。
しばらくして20$と値下げして来たが、
2人のモトに沢山払ったのでお金がないと言うと、
しばらくしていなくなった。
日は、もう暮れて5時半をすぎている。

緩いカーブに立ち、通過する車を物色。
大きな車や、人が沢山乗ったトラックを見つけては、
『タゥナ?」(どこ行くの?)
数台撃沈(笑

ま、でも思ったより早く四駆の自動車に乗り込めた。
少し高く10000リエル、2.5$。
シェムリアップには、8時過ぎに戻れた。
やれやれ・・・。

街のレストランは観光客で溢れかえっていた。
ひえぇ〜、こんな時間に外あまり出歩かないので、ビックリ!!

リンテル1本・・・。Pr.Thnal Dach(1181)
f0157870_01134899.jpg
f0157870_01150214.jpg
スマホもGPSも持ってません・・・(今時、おかしいか?
きっと、時間と金を無駄に使っているのかもしれない。
今度行く時はスマホは用意したい。
便利だろうね・・・(爆


________________________________






[PR]
by Angkor_K | 2018-02-25 05:18 | アンコール遺跡 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2月5日(月)Kanpotから... Kompong Cham/旧正月 >>