Sambor Prei Kuk


Prasat Tamon グループ
Prasat Doun Mong グループ
Prasat Robang Romeasグループ(ちょっとだけ砂道を行く)
これらはそれぞれグループ扱いだが、
Tamonは1塔、Doun Mongも1塔、
Robang Romeasグループには、
いくらか彫刻の残った塔がある。

この辺りもすっかり整備され、見易い。
橋の手前のチケット売場・レストラン等の少し西なので、無料(笑
Prasat TamonのレリーフがN・C・Sより綺麗に残っている。

N17の北側にあるいくつかのレンガ塔も、まぁまぁ綺麗で面白い。
17年程前は、モトに「行くな」と止められたよ。

Prasat Sandan(N20)
僧帽かどうかは分からないが、被り物ががちょっと変わっていて、円錐形に近い。
窓辺に佇む女子も円錐形の被り物。※1
顔はのっぺらぼうだけど、とんがり帽子でちょっとメルヘンチック(えぇ??
(この頃のインドのレリーフの被り物は、円錐形に近い)
f0157870_19414547.jpg
マカラ2段構え。
インド色満載!!(笑

この辺鄙なブログの訪問者なら、既知の「空飛ぶ宮殿」は人物が沢山いてる物から、
1人だけ、宮殿のみへと移り変わる。(Kulenが最後か?)
その後、壁龕に門衛神やデヴァタ、って事・・・。

・・・コンポンプリヤ期のデヴァタって、いきなりかよ?(ブツブツ)
ってか、すべてが「いきなり」なんですけどね。

___________________________________
※1
神谷氏の著書「インド建築案内」にちょこっとだ載っている女子が気になって、
パッタダカルに行ったのだ。
f0157870_15175034.jpg
確か、バンテアイ・スレイの破風にもいてたはず・・・。
_______________________________________________


[PR]
# by Angkor_K | 2018-05-20 20:27 | アンコール遺跡 | Comments(0)

CISARK またまたリンク切れ

CISARK・・・。
いちいち取り上げるのもどうかと思うが、
データとして残す事にする。
傾向が分かってくるかもしれないし、
そうすれば、次訪問する直前に慌てなくてもいい。
って、いつでしょうか?

ドルは111円を目前に・・・。
105円の時(3月)に買っておけば、
安いドミなら1週間は泊まれる。

___________________

[PR]
# by Angkor_K | 2018-05-19 17:08 | ひとりごと | Comments(0)

巷のお話

京都某大学の立て看板。
十年程前の写真。
アンコール遺跡の情報探しに行った時撮った。
f0157870_16075860.jpg
f0157870_16402163.jpg
京都のあの辺りの風景の一部。
縁もゆかりもないけれど、
「吉田寮」広い畳の集会室みたいな部屋に、
一泊させていただいた事がある。
安宿のドミ(爆)

これらは、京都のあの辺りの個性と思っている。
歩くと、学生の街という事が実感できる。
____________________________________________________

[PR]
# by Angkor_K | 2018-05-18 21:40 | ひとりごと

カンボジアの地図

カンボジアの地図を色々買ったけど、注意事項!!

印刷ではなく、プリンターで出力している地図があるので、
うっかり濡らしちゃうと、とんでもない事になる。

ほんの少し濡れてしまったのだが・・・・。
にじんでました〜(笑
最近(ここ10年くらい?)の地図は注意しましょう。

____________________________
5月16日
110円まで円安。
関係ないけど・・・。

5月18日
111円が目前。



[PR]
# by Angkor_K | 2018-05-16 19:20 | アンコール書籍・地図 | Comments(0)

281 Prasat Andet

Prasat Andet が、CISARKさんから、なくなってる!!
あの有名なハリハラ像が発見された Prasat Andet が。
(修復のときの僅かな手違いで、足が長くなってかっこいいハリハラ)
今のところ、行く予定はないけれど。
もう一個のシェムリアップのPrasat Andetは、ある。



______________________________

[PR]
# by Angkor_K | 2018-05-12 15:38 | アンコール遺跡 | Comments(0)

アンコール彫像・金の装飾品

f0157870_16254305.jpg
2018.2月
PP博物館の南のちょっとでっぱった小部屋で、
金と銀の装飾品を展示していた。
ネックレス・イヤリング・ブレスレット・ベルト・指輪、鋳型など。
期間限定のようだったけど・・・。(2018.1.4〜2018.2.4)
訪れたのは、2月18日で過ぎていたけど、展示していた。

彫像はバプーオン様式、装飾品は10世紀後半から12世紀。
装着見本ってところかな。(こんな書籍が出ていたなぁ、買ってないけど)

________________________________________

[PR]
# by Angkor_K | 2018-05-11 16:37 | レリーフ・紋様・彫像 | Comments(0)

払子(インド、バラナシ)

2018.1月
f0157870_11560391.jpg
バラナシ・ガンガーでプージャの祈りのときに使う、払子。

アンコール遺跡でも、デヴァターが持っている。
早期のデヴァターが持っているのをよく見かけるが、アンコール・ワットにだって、
払子を持っているデヴァターはいる。
f0157870_21260403.jpg
  • あぁ、アンコールワットに、10年程行ってない気がする。

___________________________________

[PR]
# by Angkor_K | 2018-05-11 12:03 | アンコール遺跡 | Comments(0)