<   2010年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

Ak Yom のDevata=no.752

====CISARKさんの古写真より====

EFEOさん、すごい発掘の仕方をしている。
西バライの土手を、きり崩して調査!!
まぁ、100年ほど前の話だけれど。
リンテルや支柱は、異なる様式が混在だが、惚れ惚れする。
アンコール地域の古い写真は、クーレンや、ロリュオス辺りはよく見たが、
Ak Yomは気に留めていなかった・・・。
しかし、目眩がしそうなくらい!!

そして、Devataを発見!!!
あぁ、どうしよう!!
もちろんレンガです。
あの、「Trapeang Run 」と同タイプ!!
偽扉は、Kompong Preahのちょっと変わった扉風。
様式は同じでしょう。

現在のAk Yomは往時の面影はなく、廃墟。
レンガの「一遺跡」としては、かなり大きく、立派だったように思う。
リンテルや支柱は、そのまま埋められたとは思えない。
一体何処にあるのか?
リンテルなどの破片は、幾片か見かけた記憶があるけれど。
レンガのDevataは、そのまま埋没でしょう。
平面図を見ると、100年前、掘り返していない祠堂もあったと思う。
あぁ、そこにはどんなレリーフがあったのか?
どこの団体でもいいので、掘ってください!!

752<・・・・8・・・・>の08650がDevata。
払子を持っています。他に2点ほど欠けたDevataいます。

そぅそぅ、ラテライト使ってない様に見える・・・。
基壇はレンガを幾重にも重ねているだけ?



[PR]
by Angkor_K | 2010-07-29 23:28 | アンコール遺跡

Trapeang Chong(Banteay Khyang)=no.464 その3

>COQVOLさんへ
ブログ、見させて頂きました(喜
想像以上というか、想像通りというか
荒れ放題ですね・・・。
苦労して行かれて、あの状態では・・・。
でも、遺跡探訪!って気分は味わえたんでしょうね。
いいなぁ。
「柱」あったみたいで良かったです。
最近の遺跡は、管理の手が行き届いて、写真を撮る分にはいいけれど、
冷めてしまう時があります。

カンボジア・ラオス・ベトナム一人旅、
懐かしく読みました。
ぼり度が高いベトナムは、一般的に評判良くないですが、
あたしは、好きなんですよ。腹立つけど。




[PR]
by Angkor_K | 2010-07-28 22:51 | ひとりごと

Phnom Bayang(Takeo)=no.651=プノン・バヨンのDevata

あぁ、もう一度いかなくては・・・。
Trapeang Runとどちらが古いか・・・。
美術様式はPrei KhmengとKompong Preah様式は
重なっている部分もあるので、何ともいえない。
これが最古のデヴァタ?
胴体も頭もないのに判断は難しい・・・。
(頭のない「美女」の死体みたいだ・・・)

だいたい、Phnom Bayangにデヴァタがあるなんて、
妄想好きのあたしでさえ、想像・妄想さえしなかった・・・。
皆さんは、ご存じだったのかしら?


2年半前のTakeoへの旅を思い出してみる。
[PR]
by Angkor_K | 2010-07-26 00:39 | レリーフ・紋様・彫像

no.464のつづき

最近、Macがというか、プロバイダーの設定がどうにか変わって?
メール受信が出来るようになっていた(送信はだめだけど)。
遺跡リストでお世話になっている、「I さん」からのメールを発見。
なんとNo.464遺跡の柱の画像を送っていただいた。
う〜ん、美しい!!!
(届いたかなぁ・・・)

coqvolさんが行かれたとき、どんな風だったんでしょう?
柱は、あったのかしら・・・。
もしかしたら、ブログで紹介してくださるかも、などと思っています。

[PR]
by Angkor_K | 2010-07-26 00:20 | ひとりごと

行ってないけど=その2

Stoeng TrengとPh.Thalabarivath
f0157870_2531536.jpg

Sala Pramble Lveng=No.637
あつしさんのアルバム「5p〜6p」に紹介されてます。(59番目)
リンテル、すごい!!(今頃、ですみません)
SPK様式の、元祖みたいに思える。
デザイン化されていないというか、素朴というか・・・。
この遺跡にはPrei Khmeng様式のリンテルもある。
S.P.K.のイシャナヴァルマンの父の従兄弟が
Stoeng Treng?あたりで統治していたようなので、
これが「元」だったりするとおもしろいナー。

じつは、CISARKさんちを見ていて、
「あれ、たしかあつしさんStung Trengの川向かいに、かなり以前行ってたはず」
と思い出した。

ま、思い出してばっかりなんだけどね。
迫力有る大きい写真は、あつしさんちにあります。
草がちょっとじゃまだけど(笑)
下はCISARKさんの写真です。(汗)
根拠はないが、印象がちょっとインドっぽい・・・。(Hancheyを思い出す)
f0157870_2194796.jpg
他にも、リンテルはあったようだけれど、CISARKさんのデータが2007年で、
あつしさんが再度行かれた2008年には、見かけなかったリンテルもあるよう。
CISARKさんが保管したのか、盗掘にあったのか・・・。

訂正ー2017.08.16
あつしさん改名:kechaps 2
さんです。
上記のサイトは閉鎖。

こちらに写真掲載されてます。
https://get.google.com/albumarchive/114760434126478926981
コンテンツ数の多いところに、色々入ってます。

ネット上、いやこの世界中の何処にもない、
勿論、CISARKさんにもない、
あの盗掘に有った、美しいリンテルの写真が見られます。











[PR]
by Angkor_K | 2010-07-25 02:28 | アンコール遺跡

買ってないけど・・・

きれいなデパート?風スーパーが出来ていた。
いつも、裏通りを通っているので気づかなかった。
シヴォタ通りなのだが、6号線との交差点より150mか200m程南。
(ガソリンスタンドのちょっと南)
1階が食料品売場。(上には行ってない)
けっこう品数はあり、サーモンやまぐろの刺身用冷凍食品もあった。
野菜や果物も小分けされ、自炊するならここで買おう!
なんて思ったが、そんな時間もコンロもないので買わなかったけど。
もちろん市場で買った方が安いのだが、値段交渉の手間は省ける。涼しいし・・・。
食料品売場はシェムリアップ川そばのデパート?より広い。
ソフトクリームも、ちょっとケバイが売っていた。
万が一の事を考えると怖くて、買えなかった。(長期旅行なら食べてたよ)
以前は、200Rのアイスキャンデーも幾度か食べたけど、
下痢のまま帰国は出来ないもんね。
短期旅行のつらいところ。
f0157870_18404712.jpg
どれも同じ味がしそうな気がする。

[PR]
by Angkor_K | 2010-07-21 18:44 | ひとりごと

行ってないけど、Trapeang Chong(Banteay Khyang)=no.464

クーレンのでっかい地図を、見ていて思い出した。
Banteay Ampilの北にサンクチュアリーのマークがあったのを。
(ちょっとふるい本を、某大学の図書館でコピーした。
地図はカラーだったので、後日手配して手に入れた。
この地図は以前、シェムリアップの寺の図書館のをコピーさせてもらったけど)

地図の番号を本誌でみるとBanteay Khyong。
CISARKさんちにない・・・。
別の地図で近辺を探す。
Pr.Trapeang Khyanggで、位置もちょっとずれている。探す。
Trapeang Chongでそれらしきのが見つかる。
平面図を見るとちょっと変わっていて、そこそこ大きいし、行く気にさせる・・・。
ちらっとThnal Dachを思い出した。
でも、でも、それより古い、多分。
細長いレンガの建造物、参道面に対し、窓枠・支柱のような物で解放されている?(想像)
「おおおおおぉ!!」と感じたのは側柱。円柱で彫刻も今まで見たのとは、雰囲気が違うのだ。
しかし、倒壊は激しい。

悩ましく熱帯夜は更けゆく・・・。
f0157870_19254452.jpg


f0157870_2152663.jpg
CISARKさんより。



[PR]
by Angkor_K | 2010-07-19 02:02 | アンコール遺跡

Kong Pluk(Pr.)=No.309 その2

ピラミッドの西側はきれいに残っているが、東側?は崩れている。
人為的に掘り返されたんだろうなぁ・・・。
この土砂・瓦礫に中に、何かが埋まっているかも知れない、埋まっていないかも知れない・・・。
f0157870_16261852.jpg
KSのPreah KhanのようにDamreiが設置しておけるような幅の広い階段はない。
でも、最上部には塔か祠かあったんだろうな〜。
木造なら朽ち果てているだろうし、石材だったら何かある?
しかし狭い・・・、石は無理っぽい。

2段のラテライトの上にピラミッドはある。
西側は崩れているのか土砂で埋まっているようで、写真は東側。
f0157870_16294076.jpg
f0157870_16292038.jpg
周壁
f0157870_16334030.jpg
f0157870_16331856.jpg
f0157870_16325365.jpg

しっかりと空中参道が残っている。(低いけど空中参道っていうのかなぁ)
f0157870_16354555.jpg
f0157870_16352440.jpg

f0157870_16415558.jpg
f0157870_16413669.jpg
f0157870_1641770.jpg
f0157870_16404543.jpg
f0157870_16402653.jpg
f0157870_1640960.jpg


[PR]
by Angkor_K | 2010-07-18 16:23 | アンコール遺跡

Kong Pluk(Pr.)=No.309

うわっ!
Preah Khan Kompong SvayのPreah Damreiにそっくり!!
こちらは、一回り小さいけど。
空中参道もある。
まぁ、デヴァタとDamreiは無かったけど。
先述のChrei (Pr.)=311の真北。東。(1〜2分)
バライの中央にある。
バライ南東角の東。
f0157870_2373396.jpg
f0157870_22492046.jpg

遺跡写真は後日。



[PR]
by Angkor_K | 2010-07-15 22:52 | アンコール遺跡

Chrei (Pr.)=311

Beng Mealeaの南東。
(東にあるバライの東西中間地点を南に)
Beng Mealea遺跡の入り口地点から、東へバイクで5分ほど。
道の南(右)に下った小道があり、その先に見えている。
手入れが行き届いている、というかその最中で本殿は清掃作業が終わり、
東参道のテラスを村人達が雑草や雑木を取り払っていた。
f0157870_2218176.jpg
f0157870_2218063.jpg
f0157870_22174193.jpg
f0157870_22172366.jpg
f0157870_2217682.jpg
f0157870_22164777.jpg
f0157870_2216297.jpg
f0157870_22161064.jpg
f0157870_22154969.jpg
f0157870_2215341.jpg
f0157870_2215373.jpg
f0157870_22144428.jpg
f0157870_22142655.jpg
石灯籠は北の参道だけ?
f0157870_22141181.jpg
f0157870_22135330.jpg
f0157870_22133217.jpg
f0157870_22131064.jpg
f0157870_221239100.jpg
f0157870_2212135.jpg
f0157870_22115042.jpg


[PR]
by Angkor_K | 2010-07-14 22:22