<   2010年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Si Khoraphum

Devataのためにだけ行った。
近くには幾つかの遺跡もあり悩んだが今回はここだけに。
(道すがら、30分時間を作れば行けた遺跡もあったけど)
炎天下、暑い・・・。
けれど、日影に入ると何故かすう〜っと涼しい風が吹き抜ける。

f0157870_2013979.jpg
f0157870_202943.jpg
f0157870_2035323.jpg
f0157870_2085247.jpg
びゅーちふる!!!
f0157870_2062146.jpg
f0157870_2064821.jpg
f0157870_2011726.jpg
f0157870_20104777.jpg
f0157870_20102042.jpg

レンガ塔だからといって古いとは限らないだろう。
アンコール地域とはちょっと事情が違う気がする。
違う様式が混在しているし、砂岩も1種類ではないナー。


2010.08.14 追加
ナーガは、向かって左がバプーオン様式、右が近年のコンクリート修復。
デヴァタとドヴァラパーラが、偽物?????
うーーーん、もしそうだとしたら、なかなかのもんだ。
Muan Tamの入り口にある破風のレプリカも、結構よくできていたけど。
f0157870_040742.jpg


[PR]
by Angkor_K | 2010-06-30 20:04

アンコールワット中央祠堂も

普通に上れた。
というか、昼前で観光客が少なくなりかけていたので、
並んで待つこともなく上れた。
しかし、あちこちに柵が設けられ、お気に入りの場所は
危険エリアになっていた。
柵があることにより、なお一層危険度が増した気がする。
前回は時間が無く、前の道を通過しただけで行けなかった。
前々回の時、進入禁止で迂回路になっていた塔門は通過できる。

たいがいの遺跡では修復が行われているし、
雑木を伐採したりと、人の手がどんどん加わっている。

そうそうPreah Koの修復は終了で、ブルーシートや足場のない遺跡が見られる。
その代わり、Bakongで修復が始まった。
北東のレンガ塔と基壇北登り口の門。(既出)
[PR]
by Angkor_K | 2010-06-29 00:52 | アンコール遺跡

タイからカンボジアへ(Chom Sa Ngam〜Chorm)

f0157870_2281333.jpg

f0157870_229383.jpg
(上)今回の旅で、タイで食べたのは列車で出されたおやつと弁当のみ・・・。
ちょっと悲しい。食堂で食べる時間が惜しかったから。

f0157870_22124320.jpg
(上)タイ出国手続きを済ませ(右の建物)緩衝地帯からタイ側を見る。

f0157870_2213672.jpg
(上)向こう(南側)がカンボジア。

f0157870_22132714.jpg
(上)(ふりかえって)道奥がカンボジアのイミグレ。遮断機を越え左側にある。(南から北を撮る)

f0157870_22134895.jpg
(上)商店の終わった南側は簡素な民家が左右に建ち並ぶ。
とても小さい村。
[PR]
by Angkor_K | 2010-06-28 22:37 |

シェムリアップ周辺遺跡へ

GHで朝食を食べた後、プサチャへ歩いてふらふら行く。
野菜や魚を見ると面白い。
「あ、ボボー!」(もちろん、白粥!)
魚の干物をトッピングするのが、あたしの定番。
f0157870_024176.jpg
朝食を食べたって言うのに、また食べてしまう。
下の写真はGHの朝食です。(部屋代に入ってる)
f0157870_19352863.jpg

雨期、というのもあってハードなプランは立てず、
近回りの遺跡に行こうと思っていた。
でも、まだそんなにどろどろではなく、しまったなー。

地図で見れば街中とも言えそうな遺跡2つと、
西バライ北の遺跡「Prasat Char」を目指す。村の名前と同じ。
道すがら、Kok Poへも寄る。
CISARKの古い写真を見て、違った目線で見られるかもと思ったから。
まぁ目新しい程の物は見なかったけど。

Prasat Char周辺の村は面白い。
かかし?人形?魔よけ?のような
藁に服を着せ人形のようにして、入り口や庭先、屋根に
飾っている。
残念ながら写真は撮っていないし、
撮ってはいけないかもしれないので、撮らなかった。
きいて、許可貰って撮れば良かったナー。
昼間だとすぐにわら人形と解るけど、夜だと「不気味」!

Googleの写真を見るとSralauの南西に、
Prasat Charが、はっきりくっきりと環濠付で写っている。
写真も1点掲載されていて、これを見て行く気になった。

このあと、Banteay Thomに行くつもりだったが、方向を90度間違え南へ。
(コンパスGHに忘れてきた)
からからのぼこぼこの田んぼをひた走る、というか突き進む。
田んぼの畦に行き当たるたびに、バイクを押さないといけないので、疲れた!
前方の緑の森の帯は西バライだった・・・。気付よ!あたし!!

Thomは諦め、ドキュメント・センターへ。
以前は街中シェムリアップ川東にあったのが移転。
イオンの博物館の隣の建物に移ったよう。
大きな体育館を間仕切りしたみたいで、ざわざわと声が響いていた。
あたしの欲しい情報のようなものは見見つけられなかった。
というか、言葉がね・・・。
いろいろきいてくれたけど、説明できなくてね・・・。
[PR]
by Angkor_K | 2010-06-27 11:42

Devataを求めて

Si Khoraphumへ行った。

タイ航空の深夜便を利用。
関空に着いたのはいつも通りで、チェックインカウンターを探す。
ない? いつもなら長蛇の列で結構待たされたのに、列がない!
で、紫の色を探す。あ、あるある。
でも1組、カウンター前にいるだけ!!
先月のバンコクの内乱問題で、旅行者が減ったんだろう。
おかげで、横になって眠れた。3席独り占め!!
あ、わたしは2席でも横になれるのだ!!(帰国便)
BKKに着いたのは4時前だった。早すぎ!!
最初はドンムアン駅に行って、列車を待つつもりでいたが、
時間があるので、ホアランポーン駅に行くことにする。

タイの田舎の風景が楽しめると思ったら、
皆カーテンをひいてしまって、つまらん!

遺跡は駅から遠くはない。
でも、炎天下、荷物持って歩くとなると遠いのだ。

Si Khoraphumは、静かな遺跡だった。
着いて5分だけは・・・。
タイの観光客が、4−5人ずつ、増えていって30人くらいになる。
あっちゃー!
じっと我慢の子になる。
少しすると元の静かな遺跡に戻った。
帰り道、マンゴスティンを1kg買うが、
食する間もなくボーダーを目指す。
雨期なので当然、スコールにも手厚い歓迎をうけた。
[PR]
by Angkor_K | 2010-06-25 21:49 | ひとりごと

行けた、普通に。

というか、ちょっとどきどきしたけど。
タイのスリン州の南にあるBuchetから、
国境のChom Sa Ngamまで35kmあると言われた。
あぁ、そんなにあるんだ・・・。
えっ?!、じ、時間はだいじょうぶか???
4時15分だ。国境の開いている時間って、5時まで?6時まで?
5時までだと、間に合わない!!
口にするのも恐ろしいので(バカだね)運を天に任す。
前方を見ると、山影は遙か遠くに霞んでいる。
まぁ、いいか・・・。
坂道をうんうん上っていく。
Googleで見た池だ!
5時10分位に到着。
間に合った・・・?。
(いや、きいてはないが5時までだったかもしれない)
手続きは双方事もなく終了。
トラブルが心配だったので、ビザは領事館でとっておいた。
ホントに小さい村にある国境だった。

Anlong Viengまでの風景は、雨期に入ったせいなのか、
水と緑が美しかった。
時間があれば、ゆっくりしたい、過去の出来事とは別に、
いい所とも思った。
村の通りを行ったり来たりして、乗り合いTaxを探す。
6時45分頃出発。
うとうととして、目が覚めたら
左前方に見覚えのある山。Phnom Daiだった。
ひょえ〜、すごい!! 1時間しかかかっていない。
スターマート前まで1時間25分。
エアコン・ホットシャワー・TV・冷蔵庫・・・。
随分、贅沢になったもんだ。
[PR]
by Angkor_K | 2010-06-24 22:57

い、行ける!!!???

2010.4.下旬、ช่องจอม(chong chom)に行ったというブログがあった。
(カンボジア側にあるカジノ・買い物に興味があったよう)
ご本人は、タイの1年ビザを持っているので、出国すると再度ビザの取り直しになるので、
カンボジア入りは断念したらしいが。
一応国境は開かれているみたいな内容。
通過できる、かな・・・・・・・。

あきらめ気分もあったけど。

後日・・・・・・
どうもおかしい!!
ช่องจอม(chong chom)ってOsmachじゃん!
Choamは
カジノもショッピングする
ほどの物はなかった!!

ま、いいけど。
[PR]
by Angkor_K | 2010-06-06 17:04

あぁ、不覚!!

タイの暴動?内乱?に気をとられていた・・・。
Otdar Mean Chey の2カ所の国境は、
Preah Vihearの問題で、閉鎖されているかもしれない・・・。
それをすっかり忘れていて、事をすすめていた。
2008年くらいからChom(アンロンベン近く)は、
閉鎖されているような写真があった。
O smachの国境は、多分ずっと開いてると思うけど、(2008.2は普通に通過)
先々月、この近くのKap Choang郡で「いざこざ」があったよう。
地図で見ると、国境じゃん!

Choam(アンロンベン近く)から入るつもりでいた。
昨夜、気づいた・・・。あ〜ぁ・・・。
どっちかは開いて、というかO smachの国境は開いているだろう。
遠回りになる・・・。

悩ましい・・・。

あ、雨期ですね・・・。

>閉鎖されているような写真があった。
チェックポイントが数百メートル西に移設された?らしい。
で、閉鎖された旧ポイントの写真を見てしまったあたし。
[PR]
by Angkor_K | 2010-06-03 23:04