<   2009年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Stone for placing votive offering(Prasat Snoul)再

f0157870_2224957.jpg
下拡大
f0157870_283642.jpg
f0157870_285350.jpg

読めない・・・。
[PR]
by Angkor_K | 2009-05-28 02:23 | レリーフ・紋様・彫像

修行僧に翼って・・・?

Bayonの修行僧にはない。
f0157870_143951.jpg
アンコールワットの修行僧は、天使か?
f0157870_1432712.jpg

[PR]
by Angkor_K | 2009-05-28 01:46 | レリーフ・紋様・彫像

アンコールワット・中央祠堂穴跡

柱を立てていたと思われる、丸と四角の穴跡。
コンクリートで埋めてあるので、深さは解らない。
屋根を支える柱だったのか、渡り廊下?の支柱だったのか。
f0157870_3522575.jpg
f0157870_3524942.jpg
f0157870_3532628.jpg
それにしても、一体いつ、中央祠堂に上れるのだろう・・・。
[PR]
by Angkor_K | 2009-05-25 03:04 | 平面図

あぁ・・・・・・・・

バイブルのリンクが、リンクが・・・。
サンタのおじさん?出ないで!
4〜5州ほどしか見られない・・・。
どうしよう・・・。
手直し中???
それとも・・・???

復活!!よ、よかった〜
[PR]
by Angkor_K | 2009-05-13 00:51 | ひとりごと

これはなに?---Top Maha Rosei

このクロスの石材は、重ねて使用されていたと思う。
十字の中央の凹凸はずれないための細工。
7個しか写真で確認できないけど、8個あったんだろう。
サイドの溝の事を考えると2段積みで4カ所・・・?
f0157870_0463796.jpg
f0157870_047844.jpg
アンコール遺跡の柱は大概一枚岩ってかんじで、気にしていなかった。
Baphuonの空中参道の支柱や、Preah Khanの2階建ての建造物、
B.Kdeiの経蔵の太い柱も中央はこんな風になっているのかもしれない。

Angkor ExplorersさんのPreah Theatにも断面中央が凹凸になった円柱がある。
見たいと思いつつ、行けてない。
う〜〜〜〜ん、ミゾがナゾ呼ぶ・・・。
[PR]
by Angkor_K | 2009-05-11 00:55 | ひとりごと

アンコール:岩宮武二(1984/岩波書店)

天神橋筋の古書店で買った。
店が2階だったので、寄らずに帰ろうかと思ったけど、
見るだけでも・・・。
渋い音楽が流れていた。
アストロノウツでもフリジド・ピンクでもない、「朝日のあたる家」
ないだろう、と思っていたら、「アンコール」の文字。
アジア図書館で見たやつだ。
値段がついていない・・・。(定価は5,700円)
状態も良いので高いと思った。
特に目新しい写真があるわけでもないので、高ければ止めるつもりだった。
店主「2,500円」
あたし「はぁ〜・・・」とせつなさそうに、ため息をつく。
店主「2,350円」・・・。
あたしは、まだ高いとも思ったが、買うことにした。
帰宅してAmazonで調べると、3,999から数万円の値がついていた。
お買い得、だったのねー(笑

「オリエンタリストの憂鬱」
に、以前買った「アンコールワットの彫刻」の著者「富田亀邱」氏の事も書かれていた。
昭和18年発行、650円、300部。
この頃に発行されたアンコール関連の書籍の写真は、
なんだか使い回し的な感が否めない。
というか、撮ることの出来る最良のアングルというものが、
限定的だったのかも知れない。

全ての書籍はフランス頼り?
良くも悪しくも。(肯定も否定も)
初期の資料は、フランスにあるのだから仕方がない。
なんの語学力も持たないあたしは、なす術がないのだ。
というよりも、何かするつもりもないんだけれど。楽しみたいのよ。

「ど素人が、あれこれ知ったかぶりをするのはどうか?」
みたいなこと、遠回しに指摘されたことがあるけど。
間違いの多い出版物を出すより、害は少ないと思っている。
訪問者も少ないしね(ははは、涙
[PR]
by Angkor_K | 2009-05-04 19:59 | アンコール書籍・地図

数年前の宿題・・・。

気になりつつ、ほったらかしの不思議がたまっている。
HPの「気ままにアンコール」のDevataの上方にある突起。
1箇所だけでも気になるのに、2箇所も!
石工さんに早く聞かなくちゃねー。
探すと、墓石が多い・・・。
f0157870_21494263.jpg
運搬用の突起ではない。積み上げられて彫り残された突起。
ノミの跡が隣の石にまたがっている。(右写真)
f0157870_2224245.jpg

雨期でもいいから、行ける遺跡に行きたいと思っていた。
この状況だと、無理っぽい。
早く終息して欲しい。
[PR]
by Angkor_K | 2009-05-03 22:03 | レリーフ・紋様・彫像