<   2008年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

得体の知れないリンテル(Kdei Ta Kom Thom)

Kdei Ta Kom Thomのリンテルは正しくは、これと思う。
Khleang様式、王宮東塔門などと同年代。
残されたレリーフはほぼこの年代。
f0157870_2217426.jpg



しかし、下3点のリンテルって、多分ここだけで、様式不明?
Pr. Churungのリンテルの中央のカーラを取ったって感じ。ポスト・Bayon?
他の数々の遺跡のリンテルと比較すると、「え?これリンテル??」である。
破風の下(開口部の上)にあるからリンテルだろうけど、変!
150〜200年前後の誤差を感じる。ここも改築されまくっている。
f0157870_22192243.jpg
f0157870_22193742.jpg
f0157870_22195639.jpg

[PR]
by Angkor_K | 2008-07-26 22:29 | レリーフ・紋様・彫像

偽扉(Pre Rup)

偽扉の中央部にある矩形の紋様は、蓮をデザインした物で、
だいたいどの遺跡も皆同じ。
Pre RupとEast Mebonも「蓮」をデザインしているのだが、他とはちょっと違う。
f0157870_02757.jpg
f0157870_022211.jpg
f0157870_023637.jpg

[PR]
by Angkor_K | 2008-07-21 00:00 | レリーフ・紋様・彫像

Devata(Pre Rup)

Devataは後部のレンガ塔2塔のみ。
数が少ないと思って、よく考えたら2塔だけというのを思い出した(笑
レンガを大雑把に彫って、漆喰で細かい部分を仕上げてあるという印象。
漆喰が殆ど剥落して、想像するしかない。(彫刻は浅い)
ご覧になる方は耐えてください。


北側
f0157870_23175697.jpg
f0157870_23182853.jpg
f0157870_2318482.jpg
f0157870_23191052.jpg


南側
ちょっと変わった女神が二人いる。
初めて見たとき、気のせいかと思った。
ドキドキしたのを覚えている。
顔が3つ(ちょっと怖い)
f0157870_23235972.jpg
f0157870_23241771.jpg
口が長く出ているのは見間違いではありません。
f0157870_23243376.jpg
f0157870_0353939.jpg

[PR]
by Angkor_K | 2008-07-19 23:29 | レリーフ・紋様・彫像

二人の「Z」さん

ついにリンクが切れた!!!
って、思っていたら復活したようで一安心!
この数日表紙の写真も変わっているし、よかった〜!
元気!ということで・・・。
Angkor Explorers(アンコール・エクスプローラーズ)のサイトのお話です。
ここ切れたら、アウトです。(リンク切れ多々あるけど)

私はHP主宰者である「2人のZ」さんを知っているけど、お二人ともマニアック。(^_^)b
[PR]
by Angkor_K | 2008-07-18 21:50 | ひとりごと

気が乗らない

Sambor Prei Kukなんだけれど、
某ブログで進行中なので保留。
午前中だけで切り上げたので、予定の半分くらいしか見てない。

まだ載せてない遺跡はあるけれど、
アンコール欠乏で、(アルコールではないよ)気が乗らない。
と言うか、他に気をとられている(笑
[PR]
by Angkor_K | 2008-07-16 23:24 | ひとりごと

Yeay Peau

Ta Prohm(Tonle Bati)の北隣にある。
よくある、現代の寺と合体状態。

それでも、残っているのはいいこと。
以前、Puok村の南の方に遺跡があると連れて行ってもらったら、
新しい寺が建っていた。残骸の様なものもあったが、
そのころはそんなに興味なくて、撮っていない。
なんてことを、思い出しつつ・・・。
f0157870_4105513.jpg
f0157870_4111120.jpg
f0157870_4121448.jpg
f0157870_4123983.jpg

[PR]
by Angkor_K | 2008-07-11 23:56 | アンコール遺跡

Devata

一番エキサイティングだったDevataは、Trapeang RunのDevata。
恋い焦がれたDevataは、Trapeang PonのDevata。
美しいと思うのはBayonの中央塔のDevata。
華麗と思うのはワット西塔門東壁のDevata。

Banteay SreiのDevataは別格!
[PR]
by Angkor_K | 2008-07-08 02:55 | ひとりごと

Devata=デヴァタ(Ta Prohm(Tonle Bati))

左回りです。(反時計回り)
f0157870_23142872.jpg
f0157870_2321629.jpg
f0157870_2314538.jpg
f0157870_2315710.jpg
f0157870_23151958.jpg
f0157870_23153231.jpg
f0157870_2315447.jpg
f0157870_23155737.jpg
f0157870_23162078.jpg
f0157870_23163254.jpg

[PR]
by Angkor_K | 2008-07-06 01:13 | レリーフ・紋様・彫像

Ta Prohm(Tonle Bati)その2

f0157870_2355815.jpg
f0157870_23552473.jpg
f0157870_23554138.jpg
f0157870_23555793.jpg
f0157870_23561052.jpg
f0157870_23562342.jpg

[PR]
by Angkor_K | 2008-07-05 23:56 | アンコール遺跡

Ta Prohm(Tonle Bati)

再訪。
手入れが行き届いて、風情がない・・・。
遺跡に生活感があるのは勘弁して!
そう思いつつ自分の世界に入り込み、話かけさせない(苦笑

バイヨン様式後期と言われる遺跡だけれど、どこからか持ってきた
年代違いのリンテルも設置されている。
基段は埋まっているのか、地面と地続きで、遺跡に上がるという感覚がない。
遺跡として「凜」としていない感じがする。(ってどういう意味?なんて突っ込まないで!
f0157870_20211832.jpg
f0157870_20213549.jpg
f0157870_20215057.jpg
f0157870_20234333.jpg

以下はどっかから移動させられてきたリンテル?
f0157870_20252920.jpg
f0157870_20254296.jpg
f0157870_20255585.jpg
f0157870_20261135.jpg

中央祠堂の東正面の破風とリンテル。
この寝釈迦は、年代が相当下るでしょう。
でもこのリンテルと上部の破風は、祠堂にしっかり組み込まれている。
一度解体されて、新しく組み込まれた?
いや、すでにあった彫刻を削って彫り変えたのかもしれない。
っていうか現代の、コンクリートだったのかも?
そこまでは、見ていないがありそうな話・・・。
f0157870_22545984.jpg


花柄のカーテンの偽窓の上方にある「乳海撹拌」のレリーフ。変と言えば「変」。
f0157870_23272896.jpg
つづく
[PR]
by Angkor_K | 2008-07-02 20:32 | アンコール遺跡