<   2007年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Kompong Preah/ 扉の紋様

この遺跡は様式名もになっている。
リンテルは単調で評判は良くない(笑)みたい。
しかし、だ。
扉は興味津々!!多分ここだけ。
繊細ではないけれど、逆に大胆なのがいい!!
根拠はないがインドっぽいのもいい。
他の遺跡には観られない紋様で、中央部のマカラがお気に入り。
たいがい、唐草紋様、幾何紋様だったりするのに「マカラ」だ!
蓮に座った人物像も他にはない。
ことはない(笑)
KSのプリヤ・カンのMebon、Beng Mealeaの偽扉に座する仏陀はいる。
f0157870_1412053.jpg
こんなところに、マカラ!
f0157870_14121740.jpg
(2007.5.中旬)
f0157870_14124157.jpg

[PR]
by Angkor_K | 2007-10-31 11:31 | レリーフ・紋様・彫像

LE PHNOM KULEN ET SA REGION

もう一冊、1979年のクーレン地域の本があるが、遺跡の本ではない。
(LE PHNOM KULEN ET SA REGION / PARIS 1979)
f0157870_10585874.jpg

とはいうもののいくらか遺跡の写真もある。それに・・・、
あの、でっかいクーレンの地図はこの本の付属品なのだ!
(以前シェムリアップの図書館でコピーさせてもらった。もちろんモノクロ)
この本の地図はカラーで、わかりやすい!
村、標高、遺跡の数字も色別なので見やすい。
このでっかい地図の遺跡番号は、この本のための番号で、
一般にある(?)遺跡リストの番号と一致しない。
f0157870_1059111.jpg
314と315の位置関係がよくわかる。
f0157870_18102824.jpg

ただ今、カラーコピー依頼中。(カラー画像に差し替えた)
某大学でモノクロコピーはさせてもらえたのだが、
カラーコピーを撮るには持ち出しになるので許可が出なかった。
自宅近くの公共の図書館より依頼しなくてはならない。
それもファクシミリでやりとり、料金の返事が公共の図書館に着く。
料金を支払って、コピーを送ってもらう事に・・・。ふぅ

カラー・コピー受け取る。
コピーがあまりきれいでない。
ま、いっか・・・。
314は上の写真より、そばにあるガネーシャのほうがエキサイティング。(Phun Komnu)
f0157870_2185892.jpg
(2007.5.中旬)
[PR]
by Angkor_K | 2007-10-28 11:04 | アンコール書籍・地図

ARTS ASIATIQUES

やっと手に入れた!!!!!!!!
うううっ!うれしいーーーーーーー!!!
タイのWhite Lotus社(白蓮社)にメールを送ったが、
本当に送れたか分からなかった。
返事が来ないので送れていなかったと思う。
適当にクリックしたのがいけなかったのかも。
で、性懲りもなく、ネットで探した。
あった。ヴァージニア州の本屋さん。
21日注文し、27日午後受け取り!!
もう少しかかると思っていたので、うれしー!
本体62ドル、送料11ドル。(白蓮社は本体47ドルだった)
新品に近い。

ああ、これこれ!!
この写真!!!
この本のクーレン地図もいい。
別のでかいクーレンの地図と見比べごっこ!(喜
今夜は眠れそうにない・・・・・
f0157870_22215925.jpg

テレビ東京のアナウンサー、みんな黒服。(夕方から夜中)
内部の方が亡くなったのか?
ちょっと異様な気がした。
[PR]
by Angkor_K | 2007-10-27 22:24 | アンコール書籍・地図

関空電光掲示板

9月下旬、掲示板が変わった。
01:25発 BKK経由PUKET行
最近、ずっと利用している深夜便。
始発と言うより最終便かな。
ほとんど満席。
f0157870_22212428.jpg
f0157870_22213784.jpg
f0157870_22215337.jpg

[PR]
by Angkor_K | 2007-10-24 22:25 |

雨期のBanteay Ampil

静寂に包まれた遺跡・・・。
雨期のため回り道。
遺跡に座って雨宿りというのは、心やすらぐひととき。
倒壊しているとはいうものの、私の期待に充分応えてくれた。
f0157870_14533145.jpg
f0157870_14534373.jpg
f0157870_14535959.jpg
f0157870_14541175.jpg
f0157870_14542387.jpg
f0157870_14544065.jpg
f0157870_14545217.jpg
f0157870_1455753.jpg
f0157870_14551852.jpg
(2007.9.下旬)
[PR]
by Angkor_K | 2007-10-24 14:37 | アンコール遺跡

深夜

というか、早朝。
猫が・・・。

ブログって、賃貸のワン・ルーム・マンションってかんじ。
寒いので、アンカいれる。
1ヶ月前はあんなに暑かったのにね。

[PR]
by Angkor_K | 2007-10-24 05:24 | ひとりごと

Phnom Bakeng/望遠鏡

久しぶりのバケン、である。
春、この前を通過したとき、木の階段が見えた。
その階段は直進して頂上にたどり着くものだと思っていた・・・。
9月末・・・
それは迂回路への階段だった。正面は通行禁止。
象の道の方が近い。
北、西の石段まで通行禁止のロープ。
そのせいか、観光客は2−3人で、すぐに独り占め状態になる。
静かで、いい。
夕刻には、想像以上の人々で溢れることだろう。

f0157870_22243397.jpg

f0157870_22293072.jpg
望遠鏡のコインはどうするのだろうか?
太陽を見るなと書いてあるよう。

f0157870_22294164.jpg
(2007.9.中旬)
[PR]
by Angkor_K | 2007-10-22 22:42 | アンコール遺跡

デヴァタ (その2)=Devata

載せる予定。

タイの遺跡
説明にはBanteay Srei様式とあったが、
そうであれば、わたし的に華麗・繊細は、はずせないのだけれど。
カンボジアとタイでは少しずれている様な気がすることがある。
単なる技術の違いなのかもしれない。
f0157870_453491.jpg


下右2体は、いずれ・・・(汗
f0157870_481726.jpg
[下]/こんなんで様式を特定できるのか・・・。
f0157870_411632.jpg
[下]/小さくてなんだかかわいい(笑)
手を曲げている感じから、多分デヴァタ!!
f0157870_20224316.jpg



Baphuon Style
由緒正しい(笑)Baphuon StyleでBaphuonにあります。
説明するまでもないでしょう。
f0157870_2348022.jpg
f0157870_23482568.jpg
f0157870_2349353.jpg
最下段、右端はPreah Palilayの北側に転がってました。
最初、Baphuon Styleかとも思ったけど、それ以前にDevataかどうか・・。
Preah Palilayは寄せ集めの遺跡と思う。
塔内を見上げると再利用の石材があるけど、危ない気もするので要注意。

追加です。
右下画像は、Pr. Khna Sen Kevのデヴァタ(右)とドヴァラパーラ。
これらは行方不明です。
美しいデヴァタは、ボストン博物館にあります。
いいものは、とっとと剥ぎ取って保管?転売?交換?・・・。
ま、遺跡に残しておいたら盗掘に遭っていたでしょうけど。
f0157870_1212634.jpg



Wat Pu(Laos)
Angkor Wat Styleの初期。
f0157870_23103136.jpg

Beng Mealea
美しくありませんが。

Banteay Samre(筋彫りのみ)
こういう筋彫りからDevataに仕上がっていくというのは、驚嘆する。
ただし、Samreの壁面は最初から
本当にDevataを彫り上げる予定だったのかは解らない。
f0157870_1930456.jpg


Chau Say Tevda
f0157870_22171134.jpg
Tommanon
f0157870_22202188.jpg
f0157870_2221176.jpg

Angkor Wat(未)
Wat Atvia(未)

Bayon Style
Ta Prohm
一瞬、Tommanonじゃないの?そう思った。
顔の造作を彫ったのは、同じ彫り師だろう。
f0157870_2228984.jpg
Preah Khanと同じように色んなタイプのDevata がいる。
f0157870_22323427.jpg

Bayonに関わった彫り師は、まだいなかったのか?
ここの彫り師が腕を上げ、BayonのDevataを彫ったとは思えない。別グループ・・・。
f0157870_21078.jpg


Preah Khan
ここのDevataも個性豊というか、ピンからキリまでというかんじ。
f0157870_1711556.jpg
アンコール史上最強の3頭身か?!
f0157870_17105055.jpg
f0157870_1713897.jpg
f0157870_17121132.jpg
f0157870_171495.jpg

Ta Som(未)


Bayon
BayonのDevataは、彫り師は数人いただろうが、統一感がある。
中央塔の東正面入り口左右のデヴァタ。
第一婦人と第二婦人という説があるらしいが・・・。
f0157870_2140796.jpg
サンポットの上端がほとんど円形に近い。
f0157870_21421946.jpg
f0157870_21411340.jpg
[下左]/この一体、雰囲気が違う。
建立当時は、漆喰が塗られていたようだけれど、漆喰だけ?
白亜のBayonって、どうだろ?
f0157870_21535816.jpg

Banteay Kdei(未)

Ta Nei
Ta NeiのDevataは質素というか・・・
f0157870_1228170.jpg
f0157870_1228335.jpg


「象のテラス」や「ライ王のテラス」の彫刻全般はBayon様式かもしれないが、
この一角はちょっと変わっている。彫り師の違い・・・?
f0157870_1464275.jpg
Devataの宝冠、耳飾り、サンポットに注目。首飾りや腕輪、アンクレットは付けていない。
特に宝冠の形状・模様はここでしかないし、顔つきも変わっている。
f0157870_14111139.jpg
[下]凛々しいドヴァラパーラ。(既出)デヴァタじゃないけど、載せたかった。
f0157870_1994292.jpg


Preah Pithu(未)
Ta Prohm Kel(未)
Tonle Sunguot(未)
Churun(未)
Prei Prasat(未)
Krol Ko(未)

Banteay Thom(2002.08)
倒壊が激しい。
数種の砂岩が、見られる。
f0157870_126413.jpg

K.S. Preah Khan(未)
Mebon(未)
Banteay Chmar(未)
Bannon(未)
Banteay Thom
Ta Prohm(未)
Wat Nokor(未)
Suor Prat(?)(未)
K.T.(未)

デヴァタ(その1)
[PR]
by Angkor_K | 2007-10-22 20:57 | レリーフ・紋様・彫像

Thnal Dach

こういう遺跡に出会うと、もう抗えない。
f0157870_17125469.jpg
南東から。
f0157870_17155133.jpg
 西面。 
f0157870_1718648.jpg
f0157870_17182470.jpg

f0157870_17234434.jpg
f0157870_1724546.jpg
中央塔は四方が開口し、左右の塔とは、
四角の連子窓付きの廊下で繋がっている。
f0157870_172645.jpg
レンガの回廊。
四角の連子。 (2007.9.下旬)

[PR]
by Angkor_K | 2007-10-21 17:43 | アンコール遺跡

アンコールの誘惑のテスト

ただいま、テスト中です。
=======================================================
デヴァタ(その1)
デヴァタだけでなく、壁龕(へきがん)の周囲の支柱やアーチ状のベルト、その上の火炎模様、
足下なども、年代の移り変わりが解るように載せた。
自分が探すときに便利にしただけ、ですけど。
A.Wat以前が、面白い。
アーチ状のベルトの左右端がマカラから、ナーガや唐草になっていく、とか、
支柱の部分や火炎模様の変化とか。

Trapeang Runのデヴァタ
建造物にデヴァタが登場したのは、Kompong Preah(8世紀)様式から?
f0157870_18124882.jpg
Trapeang Pongのデヴァタ
f0157870_18132069.jpg
Preah Koのデヴァタ
f0157870_18155093.jpg
Bakongのデヴァタ
f0157870_18145142.jpg
f0157870_1817235.jpg
f0157870_18161547.jpg
Loreiのデヴァタ
f0157870_18195992.jpg
f0157870_18202545.jpg
Phnom Bokのデヴァタ
f0157870_18213858.jpg
Phnom Bakhengのデヴァタ
f0157870_18222152.jpg
f0157870_18224463.jpg
Phnom Kromのデヴァタ
f0157870_18231021.jpg
Prasat Kravanのデヴァタ
f0157870_1825517.jpg
Phnom Tropのデヴァタ
f0157870_18253544.jpg
f0157870_18242983.jpg
B.Chamkronのデヴァタ
f0157870_1825531.jpg
Ko Kerのデヴァタ
f0157870_18253572.jpg
E.mebonのデヴァタ
f0157870_201364.jpg
Pre Rupのデヴァタ
f0157870_1826940.jpg
f0157870_18263031.jpg
(Banteay Srei)(未)
N.Kleang、Neam Rupのデヴァタ
f0157870_1832162.jpg
Royal Palaceのデヴァタ
f0157870_18323576.jpg
Preah Pithuのデヴァタ
f0157870_183327.jpg
Prasat Knarのデヴァタ
f0157870_18332976.jpg

デヴァタ(その2)
[PR]
by Angkor_K | 2007-10-21 15:24