カテゴリ:未分類( 31 )

配信されないメール

遠藤俊介くん
今年、けっこう暑かったんですけど
元気にやってましたか?
今日、なんの日か知ってる?

誕生日おめでとう
もう、すっかり 「お・じ・さ・ん」・・・?(爆

----------------------------------

こにちゃん(小さい兄)
誕生日おめでとう

----------------------------------

ちょっと早いようだけど
亮介くん
誕生日おめでとう

ちょっと前後するようだけど
遠藤くんの
アンコールの友人2人
誕生日おめでとう

ちょっと早いようだけど
おにいちゃん
誕生日おめでとう






Choam Khsantの南東方向、217号線沿いの風景。
道の左右に、同じ住宅が延々と続く。
一方だけでも100軒は超していた。
日本で言う8畳くらいかな。
f0157870_1525016.jpg

敷地は広いので、ニワトリやブタの小屋も作れるだろうし、
トイレも作ることができる。
植木だって植えられる。
階段の上に屋根も作れるだろう。
台所は、部屋中より庭がいいと思う。

あぁ、電気は来てない。
でも、街中ではないこの辺りに住んでいる人にとっては、
普通のことか・・・。


[PR]
by Angkor_K | 2012-10-09 03:50

バプーオン (Baphuon)=その2

うんざりか堪能かは、人それぞれ・・・(爆
f0157870_22423664.jpg
f0157870_2241299.jpg
f0157870_22504388.jpg
f0157870_22491946.jpg
f0157870_2249974.jpg
f0157870_22483227.jpg
f0157870_22481193.jpg
f0157870_22472790.jpg
f0157870_2247941.jpg
f0157870_2246157.jpg
f0157870_22453541.jpg
f0157870_22445357.jpg
f0157870_22443054.jpg


きりがないのでこれ位で。
参道のパネルレリーフは、入ってない。
[PR]
by Angkor_K | 2012-05-19 00:16

Phnom Kulen の Devata

Peung Komnouの男神像の間にいる小さなDevata?ではなくて、
遺跡開口部の左右にいるDevataを見つけてしまった。
しかし、殆ど剥落しているというか、
もともときちんと彫られていなかったのか、見るに堪えない。
岩に直彫りの遺跡のDevataなんだけど。
彫り方がゆるいというか・・・。
あ、幻覚ではありません(きっぱり!!

あたしとしては、収集しなくては!とも思いつつ、
一体どんだけかかるのよ!!!と悩む。
結局、そのうちには行くんだろうな・・・。
それだけで行くのはやだな。

またしても、悶々と熱帯の夜は更けていくのであります。



[PR]
by Angkor_K | 2010-08-30 02:36

Chrei (Pr.)=311

Beng Mealeaの南東。
(東にあるバライの東西中間地点を南に)
Beng Mealea遺跡の入り口地点から、東へバイクで5分ほど。
道の南(右)に下った小道があり、その先に見えている。
手入れが行き届いている、というかその最中で本殿は清掃作業が終わり、
東参道のテラスを村人達が雑草や雑木を取り払っていた。
f0157870_2218176.jpg
f0157870_2218063.jpg
f0157870_22174193.jpg
f0157870_22172366.jpg
f0157870_2217682.jpg
f0157870_22164777.jpg
f0157870_2216297.jpg
f0157870_22161064.jpg
f0157870_22154969.jpg
f0157870_2215341.jpg
f0157870_2215373.jpg
f0157870_22144428.jpg
f0157870_22142655.jpg
石灯籠は北の参道だけ?
f0157870_22141181.jpg
f0157870_22135330.jpg
f0157870_22133217.jpg
f0157870_22131064.jpg
f0157870_221239100.jpg
f0157870_2212135.jpg
f0157870_22115042.jpg


[PR]
by Angkor_K | 2010-07-14 22:22

Prasat Char=No.493

スララウの南西に、はっきりと環濠をもった遺跡があるのがわかる。
f0157870_0563458.jpg
ラテライトの基壇の上に3塔。
f0157870_0452810.jpg
f0157870_045459.jpg
f0157870_0444068.jpg
f0157870_04473.jpg
f0157870_0434761.jpg
f0157870_0432694.jpg
f0157870_043637.jpg
f0157870_0424758.jpg
f0157870_0422730.jpg
f0157870_042831.jpg
f0157870_04148100.jpg
f0157870_041085.jpg
リンテルはこんなのしかないです(涙)
f0157870_0403798.jpg
碑文
f0157870_039522.jpg


[PR]
by Angkor_K | 2010-07-06 01:04

広告

うっとうC!!!
ので、メニューバーの更新をクリックする。
そうすれば、出なくなるが、どっかへ行って再度戻ると、
広告は出る・・・、で更新・・・・・・
うまくいったり、いかなかったり。
モニターが小さいので、いやなんだ・・・

なんで1番目の記事に入るんだ!!
いろいろ入るの大嫌いなんだ。
(広告を何十も入れてる、重たいブログもあるけど)

音符、記事に入ってると、一瞬にして、キレます。
自分のブログに音符の入った広告なんて、おぞましい。

[PR]
by Angkor_K | 2010-07-01 17:55

Si Khoraphum

Devataのためにだけ行った。
近くには幾つかの遺跡もあり悩んだが今回はここだけに。
(道すがら、30分時間を作れば行けた遺跡もあったけど)
炎天下、暑い・・・。
けれど、日影に入ると何故かすう〜っと涼しい風が吹き抜ける。

f0157870_2013979.jpg
f0157870_202943.jpg
f0157870_2035323.jpg
f0157870_2085247.jpg
びゅーちふる!!!
f0157870_2062146.jpg
f0157870_2064821.jpg
f0157870_2011726.jpg
f0157870_20104777.jpg
f0157870_20102042.jpg

レンガ塔だからといって古いとは限らないだろう。
アンコール地域とはちょっと事情が違う気がする。
違う様式が混在しているし、砂岩も1種類ではないナー。


2010.08.14 追加
ナーガは、向かって左がバプーオン様式、右が近年のコンクリート修復。
デヴァタとドヴァラパーラが、偽物?????
うーーーん、もしそうだとしたら、なかなかのもんだ。
Muan Tamの入り口にある破風のレプリカも、結構よくできていたけど。
f0157870_040742.jpg


[PR]
by Angkor_K | 2010-06-30 20:04

シェムリアップ周辺遺跡へ

GHで朝食を食べた後、プサチャへ歩いてふらふら行く。
野菜や魚を見ると面白い。
「あ、ボボー!」(もちろん、白粥!)
魚の干物をトッピングするのが、あたしの定番。
f0157870_024176.jpg
朝食を食べたって言うのに、また食べてしまう。
下の写真はGHの朝食です。(部屋代に入ってる)
f0157870_19352863.jpg

雨期、というのもあってハードなプランは立てず、
近回りの遺跡に行こうと思っていた。
でも、まだそんなにどろどろではなく、しまったなー。

地図で見れば街中とも言えそうな遺跡2つと、
西バライ北の遺跡「Prasat Char」を目指す。村の名前と同じ。
道すがら、Kok Poへも寄る。
CISARKの古い写真を見て、違った目線で見られるかもと思ったから。
まぁ目新しい程の物は見なかったけど。

Prasat Char周辺の村は面白い。
かかし?人形?魔よけ?のような
藁に服を着せ人形のようにして、入り口や庭先、屋根に
飾っている。
残念ながら写真は撮っていないし、
撮ってはいけないかもしれないので、撮らなかった。
きいて、許可貰って撮れば良かったナー。
昼間だとすぐにわら人形と解るけど、夜だと「不気味」!

Googleの写真を見るとSralauの南西に、
Prasat Charが、はっきりくっきりと環濠付で写っている。
写真も1点掲載されていて、これを見て行く気になった。

このあと、Banteay Thomに行くつもりだったが、方向を90度間違え南へ。
(コンパスGHに忘れてきた)
からからのぼこぼこの田んぼをひた走る、というか突き進む。
田んぼの畦に行き当たるたびに、バイクを押さないといけないので、疲れた!
前方の緑の森の帯は西バライだった・・・。気付よ!あたし!!

Thomは諦め、ドキュメント・センターへ。
以前は街中シェムリアップ川東にあったのが移転。
イオンの博物館の隣の建物に移ったよう。
大きな体育館を間仕切りしたみたいで、ざわざわと声が響いていた。
あたしの欲しい情報のようなものは見見つけられなかった。
というか、言葉がね・・・。
いろいろきいてくれたけど、説明できなくてね・・・。
[PR]
by Angkor_K | 2010-06-27 11:42

行けた、普通に。

というか、ちょっとどきどきしたけど。
タイのスリン州の南にあるBuchetから、
国境のChom Sa Ngamまで35kmあると言われた。
あぁ、そんなにあるんだ・・・。
えっ?!、じ、時間はだいじょうぶか???
4時15分だ。国境の開いている時間って、5時まで?6時まで?
5時までだと、間に合わない!!
口にするのも恐ろしいので(バカだね)運を天に任す。
前方を見ると、山影は遙か遠くに霞んでいる。
まぁ、いいか・・・。
坂道をうんうん上っていく。
Googleで見た池だ!
5時10分位に到着。
間に合った・・・?。
(いや、きいてはないが5時までだったかもしれない)
手続きは双方事もなく終了。
トラブルが心配だったので、ビザは領事館でとっておいた。
ホントに小さい村にある国境だった。

Anlong Viengまでの風景は、雨期に入ったせいなのか、
水と緑が美しかった。
時間があれば、ゆっくりしたい、過去の出来事とは別に、
いい所とも思った。
村の通りを行ったり来たりして、乗り合いTaxを探す。
6時45分頃出発。
うとうととして、目が覚めたら
左前方に見覚えのある山。Phnom Daiだった。
ひょえ〜、すごい!! 1時間しかかかっていない。
スターマート前まで1時間25分。
エアコン・ホットシャワー・TV・冷蔵庫・・・。
随分、贅沢になったもんだ。
[PR]
by Angkor_K | 2010-06-24 22:57

い、行ける!!!???

2010.4.下旬、ช่องจอม(chong chom)に行ったというブログがあった。
(カンボジア側にあるカジノ・買い物に興味があったよう)
ご本人は、タイの1年ビザを持っているので、出国すると再度ビザの取り直しになるので、
カンボジア入りは断念したらしいが。
一応国境は開かれているみたいな内容。
通過できる、かな・・・・・・・。

あきらめ気分もあったけど。

後日・・・・・・
どうもおかしい!!
ช่องจอม(chong chom)ってOsmachじゃん!
Choamは
カジノもショッピングする
ほどの物はなかった!!

ま、いいけど。
[PR]
by Angkor_K | 2010-06-06 17:04