カウントダウン

クバルスピアンのあと1500mというのから始まる。
行くとき大丈夫かと思ったが、7年も間があいているので
豹変していた。
藪道を歩いて行くいう感じで、寂しい道だったが、今回は違っていた。
途中でシェムリの高校生たちと一緒になり、なんだか楽しかった。
盗掘された「横たわるヴィシュヌ」はコンクリートできれいに修復されていた。
乾期でないと見られないとは思うが、水量のあるクバルスピアンがいいようにおもう。
バンテアイスレイの手前の橋は修復中。
ほとんど毎日、赤土の道を走っているので、喉が痛い。
ほとんど毎日、朝も昼も食べていない。水1Lのみで遺跡を周っている。
途中でふらふらになるけど。
エネルギー枯渇状態で、あと少し。
高い山はもう上れないと思う。
[PR]
by angkor_k | 2008-02-17 21:44 |


<< Phnom DaiとAngko... マンゴスティン >>