Linte (1):リンテル(1)=Sambor Prei Kuk Style

アンコール遺跡の見所は、なんといっても彫刻の素晴らしさに尽きる。
時代によって様式が顕著(?)なリンテルは心をかき乱す(笑)
Sambor Prei Kuk Styleを一応始点として紹介します。

一番の特徴(見分け方)は左右にマカラがいること。
大半は向かい合っているが、外向きというのもいくらかある。
左右のマカラを結ぶアーチ型の幅広の花帯(ベルト)があり、
その上に「丸」もしくは「楕円」のメダル状の紋様、
花帯の下の空間には「珠飾り」と「蓮華」が下がっている。
f0157870_1540661.jpg
f0157870_15401940.jpg
f0157870_15402915.jpg
f0157870_15404919.jpg

追記:左右のマカラには人物が乗っている。
[PR]
by Angkor_K | 2007-11-25 15:44 | レリーフ・紋様・彫像


<< Lintel (2): リンテ... 破風の帯 >>