時の流れには、抗えない

チェンラゲストハウスが閉館 ?

真偽のほどはわかりません。

宿泊したことはないけれど。

数回、カレーなんぞを食べに行ったことはある。
バーモントカレーという噂もあった。

10数年前は、なかなかのにぎわいだった。
数時間遅れと思われる、紅白歌合戦もみた。
あゆの白いドレス、タイのおかまちゃん・・・。

カンボジアとタイの暴動がおさまった位から、(10年くらい前かな)
シェムリアップは激変したように思える(タイも)
あ、旅行状況に関してです。

第一に、日本人観光客は減り、韓国人が増え、その後中国団体客。
宿も、ターゲットを変えた。

移動手段で悩んでいたのが、嘘のようだ。
ぼこぼこのダンシングロード、私設ゲート、ぎゅうぎゅう詰めのピックアップトラック。
飛び上がってばかりの荷台。
客の争奪戦(笑

「旅行」はしやすくなったが「旅」の面白みには欠ける。

TVのコーケーをを観ていたら、トムの正面のはしごというか階段はなくなり、
北側にちゃんとした木の階段が設置されていた(ベンメリアの様な)。
仕方ないか・・・、訪問者が増えれば事故の危険性も高まるし、
それより遺跡を保護するためには必要でしょう。

Google Earthに至っては、チョムクサンにまでストリートビューがあって、
腰抜かしそうになった。
おぉ、あの交差点北東角、
英語をほとんど解さないカンボジアの青年と
旅してる割には英語がほとんど分からない「あたし」が
シェムリアップへの移動手段を、わいわいと言い合った場所も、
しっかり映っていた。
「意」があれば通じるものさ。
逆に、英語が堪能な人と話すのは苦手。
結局 Sra Em までバイタク、その後乗り合いタクシー。

_________________________________________

そうだ、思い出した。
カンボジアとタイの国境付近、あ、タイ。
10年ほど前、わんわんZさんが、ブログに書いていたっけ。

タイの遺跡に関する雑誌?か何かに
新しい遺跡が発見されたようだ。
今まで見つかっていない遺跡があったなんて、と
驚いた様な一文があった。

書きかけ
_________________________________________
[PR]
by Angkor_K | 2015-06-30 09:15 | ひとりごと


<< 遠い、遠いカンボジア 密林の幻都コーケー >>