多分・・・

Ak Yomのデヴァタ は、もうない・・・・・・。
レンガ塔なので、倒壊している。きっと。
100年前あの状態のままで、埋められてはいないようだし。
南東の角にレンガ・砂岩片が幾らか見られるが、(写真左下)
祠堂は基壇部分まで崩れている。
レンガは土に還りつつあって、拾い集めてもデヴァタは再現できない。
f0157870_2155395.jpg

いや、100年前、掘り返したのは全部ではないはず!!
中央祠堂を中心に対抗する北西側(写真中央奥)は、
古い写真や平面図を見る限り、
掘り返していないように思える。
(平面図に小さくフランス語で何か書いてあるが、わからない。
掘り返した境界線を引いてある気もする)

熱帯の夜、妄想は尽きない・・・。



シエムリアプ、バンティアイ・クデイ遺跡の環濠(かんごう)脇から、
20日、上智大学アンコール遺跡国際調査団により仏像が発掘された。
Bayon期から以降のようだ。

それより、西バライの土手を掘って!!!!!!!



[PR]
by Angkor_K | 2010-08-21 02:32 | ひとりごと


<< Phnom Kulen の D... アンコールワットの「第三回廊」... >>