Si Khoraphum

Devataのためにだけ行った。
近くには幾つかの遺跡もあり悩んだが今回はここだけに。
(道すがら、30分時間を作れば行けた遺跡もあったけど)
炎天下、暑い・・・。
けれど、日影に入ると何故かすう〜っと涼しい風が吹き抜ける。

f0157870_2013979.jpg
f0157870_202943.jpg
f0157870_2035323.jpg
f0157870_2085247.jpg
びゅーちふる!!!
f0157870_2062146.jpg
f0157870_2064821.jpg
f0157870_2011726.jpg
f0157870_20104777.jpg
f0157870_20102042.jpg

レンガ塔だからといって古いとは限らないだろう。
アンコール地域とはちょっと事情が違う気がする。
違う様式が混在しているし、砂岩も1種類ではないナー。


2010.08.14 追加
ナーガは、向かって左がバプーオン様式、右が近年のコンクリート修復。
デヴァタとドヴァラパーラが、偽物?????
うーーーん、もしそうだとしたら、なかなかのもんだ。
Muan Tamの入り口にある破風のレプリカも、結構よくできていたけど。
f0157870_040742.jpg


[PR]
by Angkor_K | 2010-06-30 20:04


<< 静寂のTa Prohm(うそ) アンコールワット中央祠堂も >>