Devataを求めて

Si Khoraphumへ行った。

タイ航空の深夜便を利用。
関空に着いたのはいつも通りで、チェックインカウンターを探す。
ない? いつもなら長蛇の列で結構待たされたのに、列がない!
で、紫の色を探す。あ、あるある。
でも1組、カウンター前にいるだけ!!
先月のバンコクの内乱問題で、旅行者が減ったんだろう。
おかげで、横になって眠れた。3席独り占め!!
あ、わたしは2席でも横になれるのだ!!(帰国便)
BKKに着いたのは4時前だった。早すぎ!!
最初はドンムアン駅に行って、列車を待つつもりでいたが、
時間があるので、ホアランポーン駅に行くことにする。

タイの田舎の風景が楽しめると思ったら、
皆カーテンをひいてしまって、つまらん!

遺跡は駅から遠くはない。
でも、炎天下、荷物持って歩くとなると遠いのだ。

Si Khoraphumは、静かな遺跡だった。
着いて5分だけは・・・。
タイの観光客が、4−5人ずつ、増えていって30人くらいになる。
あっちゃー!
じっと我慢の子になる。
少しすると元の静かな遺跡に戻った。
帰り道、マンゴスティンを1kg買うが、
食する間もなくボーダーを目指す。
雨期なので当然、スコールにも手厚い歓迎をうけた。
[PR]
by Angkor_K | 2010-06-25 21:49 | ひとりごと


<< シェムリアップ周辺遺跡へ 行けた、普通に。 >>