大失敗!

Srayangからシェムリアップに行くのだが、
あたしの場合は、バイタクは乗り継ぎが基本。
出来るだけ、一人のバイタクへの支払いが高くならないようにしている。
それと、ピックアップTがあるかもしれないし。
今回の場合はSrayang発が、4時半を過ぎていたので、
無理かなとは思っていたが、その通りだった。
Svay Leuに到着。
Srayangからのバイタクとはバイバイ。
Svay Leuのバイタクに乗り継ぐ。
だんだんと暗くなってくる。
Beng Mealeaを過ぎ、道がカーブしたぐらいで、
バイタクのケータイが鳴る。
カンボジアのバイタクはみんな持ってるナー!
何か話して、バイクは停まった。
男はあたしに話しかけてくるが、さっぱりわからない。
ジェスチャーがはいる。
「ふむふむ・・・」
う、きゃ〜〜〜〜〜!!
なんてことでしょう・・・・。
バッグを、前のバイタクに預けたまんまでした〜(爆
男は、Uターン。
走りながら、北から来るバイクに目をやっている。
あぁ、きっと誰かが持って来てくれている!と確信。
かなり戻ったところで、Srayangからのバイタクと再会。
無事にバッグを受け取る。(笑
ちゃんとお礼はしました。

しかし、便利になったなったよねー。
それより、カンボジアの人の優しさを、改めて実感した出来事だった。

と言うか、しっかりしろよ〜!
[PR]
by Angkor_K | 2010-02-14 13:18 | ひとりごと


<< Phnom Sandak Phnom Sandakの見つ... >>