Phnom Sandakの見つけ!もん

こんな「物」ばかりに、目がいく・・・。
この占い石も、進化?している。
SnoulやWat Phu、そしてこれ。
(CISARKさんちにも、いくつかあるけど・・・)
アンコール期のものは、方形の縁に四角の穴が並んでる。
線香をさしてるのを見かけるが、違うだろ?!!って思う。
本来の使い方ってどうなんだろう。気になる。
伝言ゲームみたいに、変化してきたのだろうか?
f0157870_22322531.jpg

Stone for placing votive offerings
f0157870_2224957.jpg
上)プノンペン博物館(Snoul)
f0157870_2365770.jpg
上)ワット・プー

以下は、古い(50年以上前と思う)書籍など。
f0157870_2374284.jpg
f0157870_238563.jpg
下はちょっと違うかも知れないけれど、
Angkor ExplorersさんのサイトKompong Thom/Sandan/Veal Kuk Khlong (Pr.)。
中心から8方向に各10個の穴がある。
f0157870_23105537.jpg

[PR]
by Angkor_K | 2010-02-05 22:33 | レリーフ・紋様・彫像


<< 大失敗! Vat Chey Proek ... >>