Prei Kuk(Pr.)=CISARK(633)

「意図的」と思えるように伐採された大木が横倒しされていた。
f0157870_2156232.jpg
f0157870_21572232.jpg
f0157870_2157566.jpg
やっと・・・。
f0157870_21581677.jpg
「感激〜!」の一瞬である。
f0157870_21585346.jpg
長い間瓦礫に埋まっていたよう。
一枚岩をくり抜いて造られているのが刺激的!
(ま、インドあたりはもっと凄いんだけどネ)
f0157870_21591997.jpg
ヨニの上に座しているのは、誰なんでしょ・・・。
そして、それを支えているのは・・・。(よく見かけるポーズ)
お顔が、破損!!!
f0157870_2205176.jpg
f0157870_2211221.jpg
f0157870_22137100.jpg
ぱっと見、古いと思ったけど、ガネーシャやシンハは、そんなに古くないなー。
足の短いシンハは時々見かけるし。
f0157870_2215654.jpg
f0157870_2212526.jpg
f0157870_22134350.jpg

Phnom Tbaengの東にある、Trapeang Kukの方が、はるかに古いみたい。
[PR]
by Angkor_K | 2010-01-25 22:15 | アンコール遺跡


<< スラ・ヤン の夜 Prei Kuk(Pr.)への道 >>